2010年09月21日

寄せて!上げて!

788939756_36.jpg

なんて題をつけたら、まるでどこかの下着メーカーのCMみたいですか?笑

久しぶりにピアノの弾き方について気になったので書いてみました。

大腰筋の意識が出来るようになるとで書いたあの生徒さんのその後です。

あれから半年ほど経つのですね。
すっかり音色も弾くスピードも変化があります。

出来るだけ毎週レッスンをと思っていても、仕事が忙しいようで
とても不定期なレッスンになってしまうのです。
今日のピアノ練習も落ちついて出来たのは1月ぶりです。

この人は律儀というか、ピアノの課題の前に必ず5音音階で
オクターブ昇る練習曲を弾きます。
私が求めている訳ではないのですが、弾かないと気が収まらないらしい・・・・。

やはり一番初めに弾く物は勇気が必要ですね。
鍵盤に手を置くのをかなりためらった後に弾き始めます。
音色が変わってきたとはいえ、まさか文句なしとは言えません。

左右同じ練習曲なのですがどうしても左右差が出ます。
右手は5本の指を完全に鍵盤上に置いて弾けますが、左手は
親指が浮いてしまいます。
余りしつこく言うとそればかりに気が囚われるので、わざと見逃していました。
今日は少し気になるので左手だけで弾いて頂きました。

誰でもでしょうけれど、利き手でない方で弾くと
力が抜けずに音も籠もって、たどたどしくなってしまいます。
腕の内側に筋が立って居る位力が入ります。
そして肩が上がってくる!案の定の弾き方なのです。
普段は右手が寄り添うので弾けるのですが、片手となると力の配分が
おかしくなるのでしょう。

身体を引き上げることは常に言い続けているので、それに関しては十分です。
ところが脇が開いて、肘の外側から力が抜けてしまっている・・・。

肘を内側に寄せるようにと言うと、ばらついていた音がややまとまるようです。
左手小指から順に親指に移行するパッセージは、肘を寄せる形になるので
とてもやりやすいですが、やはり親指から小指に向かうパッセージは
肘から外に力が抜けてしまうようです。

いくら身体を引き上げられても、その力が外に抜けてしまっては
全く意味がありません。
私にとっては、今更ながらなるほどなあと感心するばかり!
「寄せて引き上げる」事が同時に出来ないといけないのですね。

この人はピアノを練習する時間が殆ど取れない人ですから
ある程度の時間はかかるのは承知です。
それにお互いに「身体から入るピアノレッスン」を
実験していることは了解済みなので今後どんな展開になるかわかりません。

私も新しい指導法でアプローチが出来ることを、この人に感謝しています。



posted by キミコ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌以外の楽器に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

久しぶりにヨガを

トラディスカント1.jpg

私はジムで長い期間エアロのスタジオに出続けていました。
有酸素運動をしなくてはと思っていたからです。
それが最近図らずも時間が合ってヨガに出てみました。

野口体操と同じように、これまでの人生で一定期間
ヨガをやっていた時期が何度かあります。
久しぶりなので一体その頃とどの位変わっているかと
興味津々で入ってみました。

このようにブログを書き始めて色々インスパイアされて
身体を改造してきました。
単に改造だけではなくって、理論も知識も今の私には着いています。

ヨガは素足で行われるものです。
まずは足底筋の感覚があるので、体重をどう掛けたらよいのか
ありありとわかります。
骨盤底筋群の感覚が内転筋や大腰筋をサポートするので
がっしりとポーズを決めることが出来ます。
以前はあんなにふらふらだったのにと隔世の感があります。

といっても、ヨガのポーズには色々あるので久しぶりでもあって
どうしても不慣れです。
初めの3回ほどは様子がわからなくてかなり残念だったのですが、
つまりは身体を引き上げれば良い、というバタフライの
マシーンの場合を思い出しました。
それでかなりしっかりとポーズを決めることが出来ましたよ。

私にとってヨガというのは、運動の一環としてしか認識がありませんでした。

ところがこの夏の暑さで日よけが必要なので、高所恐怖症の私には
絶対に上れないはしごに上るという経験をしたのです。

こわごわ上がりましたが、さすがに足はがっしりしているので
こわさも半分でした。そしてそこからかなり身体を伸ばして
日よけのシートを貼り付ける作業をしました。

それでわかったのです!
ヨガのポーズはちゃんと実生活で活かせるのだなと!

「ありえない」ポーズを何呼吸もし続けるのは、まさにハシゴの上の作業を
可能にしてくれました。
呼吸を整えて「ありえない」ポーズをいきなりやるのは還暦前の女性には
とてもではないけれど困難なことでしょう。

歌う場合も「ありえない」ポーズの感覚が必要ですね。
実際は立って歌うだけですからヨガのポーズほどではありませんが、
それをずっと何呼吸どころか何分も続けるのはかなり困難だというのは
ここを読んで下さっている読者様達はよくご存じでしょう。

単に歌だけではなく、色々な事を経験するのは歌を深めることになるでしょう。
是非色んな事にチャレンジして下さいね。



ラベル:ヨガ 身体感覚
posted by キミコ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする