2010年10月26日

内側に寄せる 中心から発散させる

スィート・ジュリエット.jpg

9月にヨガの話題を書きました。
大体毎週ヨガのスタジオに出るようにしていますが、
出るたびにどこに意識を持っていくかが、自分なりにわかってきました。
他の人とは着眼点も違うのでひょっとして、同じ感覚か
どうかはわかりません。
私は常にどう声を出すかに意識が行きますからね。

例えば手足を伸ばすようなポーズを取ったとして、
随分以前なら単に手足をぴんとさせることとしか思えませんでした。
大腰筋に意識がいくようになってからは、足の付け根を引き込み
同時に腹横筋に意識を持つ。
プラス、僧帽筋下部に意識を持てるようになったら、そこから
うんと上に引き上げる
プラス、骨盤底筋群に意識を持てるようになったら、足元から
吸い上げるような感覚を持てるように。

そして最近は伸ばした手足から、力がみぞおち周辺に集まってくるのを
感じることが出来るようになってきました。
つまり骨盤底筋群と腹横筋、僧帽筋下部、もちろんお尻周辺まで
一緒に使えるようになっているのでしょうね。

みぞおち周辺というか、「能」の技法で言われている、上、中、下の
丹田に力を集められるようになっています。

こうなると声の揺れやフレーズの揺れはもはや無くなります。
自分がイメージしたフレーズ線が途切れる事はありません。
声を出す時は、丹田から声を発散させるイメージも、明確に
持てるようになってきています。

こう書いた以後、私はまたどう変わっていくのでしょうか。
とても楽しみです。
posted by キミコ at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 発声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

お久しぶりですね!

ほぼ1月ほど空いてしまいました。
相変わらず自己検証も、体内探検も、筋トレも
持続して居ますよ。

ここに書けない企業秘密のような方法も
色々出来つつあります。
これまではノート代わりにこのブログを書いてきましたが、
そろそろ書くのは惜しいと思えるようになってきました。笑
それだけ私も成長出来たのでしょう。
生徒さんのレッスン内容もかなり変化してきています。


これまでに「引き上げる」感覚に関して色々書いてきました。
その感覚にプラスして地球から乗せてもらっている事に
留意するのも大事な事だと思います。

多分引き上げる感覚が獲得出来ないと、地球からもらっている
感覚を確実に実感出来ないかも知れません。
瞬間にわかったとしても、身体がそれを持続出来ないと
それはきっと泡のように消えてしまうと思うからです。


バランスボールに座って垂直に飛び上がることで、
少しは理解して頂けるかも??

それを感じることの出来る最低条件としては、
みぞおちとおへその間を空け続ける事が出来るのが前提です。


バランスボールに基本位置で座ります。
骨盤を前傾させてみぞおちとおへその距離を開けます。
肩甲骨がやや近寄って、みぞおちが上がった感覚を覚えます。

そのままをずっとキープしてボールの上で弾みます。
弾んでいるどの瞬間にも身体の状態を変えてはいけません。
ずっと上を感じ続けて、地球に出来るだけ体重を掛けないようにします。

呼吸も変わるし、身体を引き上げていないとたちまち
地球に体重が落ちてしまいますよ。
もし出来るなら上に上がった瞬間に骨盤底筋群の感覚も
働かしてみましょう。
すなわち股間から何かを吸い上げるような感覚でしょうか。

それと共に「中心軸」も思い出してみましょう。
宇宙と地面を繋ぐ無数の線に沿って飛んでいる感覚でしょうか。

それらの条件を満たした上で何でも良いので声を出してみます。
気持ちよく発声出来たらそれを歌に活かしてみましょう。

posted by キミコ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 内的感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする