2012年02月27日

身体を動かしていて理解が深まる

ハークネス社のサマリタン.jpg

もう2月も終わりに近くなって、大分日が暮れるのも
遅くなってきましたね。

相変わらず生徒さんたちと一緒に、身体を動かす毎日が続いています。
以前は予め、今日はどんな動きをしたらいいかと、考えるだけで精一杯でしたが、
最近は生徒さんの顔を見て、一緒に動いてみて何が足りないかを見つけて
それについての補充をしていく、という感じでしょうか。
慣れてきて少しは私も賢くなってきたようです。

今日気が付いたことがあったので、忘備録として書いておきます。
今日の生徒さんは股関節が固まってしまっていて、開脚前屈はおろか、
長座前屈も悩みの動きなのです。
これは苦手な人が多いのですが、とにかく太ももの裏が伸びないので
前屈がしにくいのですね。
今日の生徒さんはそれに加えて、股関節が固いので、開脚すると
股関節に痛みが伴って思うように身体が言うことを聞いてくれないのです。

出来ないからと放置出来る訳もなく、さび付いた関節を何とかしないと
この先生活の質が悪くなるのは間違いがないのです。
レッスンを受けてもらっている以上、見逃すわけには行きません。(私は鬼ですね)

実は私もこれが出来なくてつらかった経験があるのです。
開脚の痛みがつらくて、逃亡生活の日々をつい近年まで送っていました。
そんな私もバランスボールのお陰で股関節が緩み出して、
ようやく挑戦する気が起きて、そこからは意外とスムーズに行けました。
特に最近は太もも裏の筋トレのお陰で動きが滑らかになっていますし。

生徒さんたち全員に、毎回必ず長座前屈と開脚前屈をしてもらっています。
動く回数はやはり大事ですから、偉大なるマンネリと言われようと、
(誰も言いませんけれど)必要なことは継続します。
その中で、何故それが出来ないかは人それぞれなので、一緒に動いてみて
その人の筋肉の動きを観察しています。

今日のこの人は、どうやらお尻の筋肉に注意が向いていません。
なぜそれがわかる?と言われると困るのですが、一緒に動いてみて
その人の動きの真似をしてみるとわかるのですね。
お尻に力を入れてと提案して、やってもらうと動きが変わりました。

いつもの私の口癖は「足の付け根を引き込んで!」なのですが、
確かにお尻を固くしないと付け根を引き込めません。
何でこれまでにそれに気がつかなかったのか、と思いましたよ。
その人に聞いてみると、いつもより開脚できました、と満足そうでした。
これで私も少し賢くなれそうです。

これを補助する動きとして、長座で骨盤を左右に振りながら、後ろ向きに進む
「お尻歩き」が有効のようです。
前進ではなくて、後ろに進む事で、内転筋とお尻を使う事が自然に出来ます。
そのときの腹横筋の引き込み具合も一緒に覚えれば、長座前屈も
開脚前屈もやりやすくなるでしょうね。

ああ、明日が楽しみになってきました!






posted by キミコ at 22:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

40日振りですか?

シャリファ・アスマ1.jpg

前回の記事が元旦だったのですね。
すっかり間が空いてしまいました。
寒さが厳しくて冷える冬ですねえ。
雪の降る地域の方は今年は一段と降雪量がすごいようで、
さぞ毎日が大変だろうとお察しいたします。
私の住んでいる地域は全く積もることもなく、
なんだか後ろめたい気分にさえなりますが・・・

「歌以外の楽器」カテゴリもすごく間が空いてしまっています。
思う事は色々あるのですが、書くまでには至っていませんでした。
今現在何よりも確実に言えることは、歌以外の楽器でも体の筋肉量が
演奏を左右するものだという事です。
特にスピードや、音量を必要とする演奏には欠かせないものだと。

つい何年か前の私はうすうす感じてはいたけれど、ピアノ演奏に関して
手だけでは弾けない事に実感が伴っていませんでした。
今は自分の身体にしっかり筋肉がついた事で、全くスピードも音量も
変化した事を実感します。
とは言っても、元々私は反射神経が鈍いですからねえ。
こんな風に偉そうに書いたら、笑われるかもしれませんが。

さすがに自分がこうなった現在、目は肥えてきているので、
ピアノ演奏に関しても、少しは体という目線から助言することが
可能になってきました。

小さなボールを使ってに書いてある、「両太ももの間に挟んで」
という感覚がこんなに必要だったとは、思いませんでした。
太ももの間にボールを挟むとおわかりでしょうが、腹横筋に力が入ります。
それと共に、太もも裏にも力が入って、体が引きあがります。
その力を利用すると、驚くほど音色もスピードも上がるのです。

ちょっと助言するだけでその場で変わりますから、本当に驚きますよ。
でも、筋肉のない人にはちょっと疲れるかもしれませんね。
身体だけは鍛えておいて、損はありません。
音が変わることがわかったら、是非身体を作ってください。
posted by キミコ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌以外の楽器に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする