2013年05月06日

肩甲挙筋も使おう

588913190981754314367ea73ed079f6.jpg

昨日書いた記事に関連するのですが、特に首を前に突き出す癖を持つ人にも
ぜひ読んでいただきたいと思うのです。
首を突き出して歌う癖のある人に
首の後ろを伸ばす
首を突き出して歌う癖のある人に 再び
首を突き出して歌う癖のある人に 続き
お久しぶりです
他にもあるのですが、上記の記事の中に他のURLも入っています。

何度もこうして首を突き出してはいけないと書いてきました。
ついこの間、ある健康体操のインストの見習いをしている生徒さんが
こんな質問をしてきました。
「寝ころんだままで、次の運動の指示をしたら、生徒さん達に声が聞こえない
と言われました。どうしたらよいのでしょうか。」

早速仰向けに寝転んで頂いて、すぐにわかりました。
だって・・・首を突き出していましたから。
あごを引いて、頭蓋骨の一番出っ張った所を床に着けて
ちょっと引っ張り上げるようにしながら、声を出してくださいと言いました。
たちまち部屋中に声が染み通りましたよ。

私は筋肉名を出して指示をするようにしているので、
この筋肉の名前をさっそく調べてみました。

   肩甲挙筋

今色々検索してみたらこんなページに行きつきました。

運動連鎖アプローチ研究会

ページをご覧になって頂きたいのですが、これは肩こりに直結する筋肉なのですね。
図がついているので、よくお分かりだと思うのですが、
首の骨に直接付随している筋肉です。
私が上で書いたように、そりゃあ首を引き上げないと声も通りませんよね。
だってこの筋肉は肩甲骨にも付随しているのですから。

このブログは肩こり解消を目的としているので、私のブログのように
発声が目的ではないので、当然何も触れられてはいませんが・・・・

生徒さんにこんなストレッチを試して頂きました。
ストレッチというよりも、自分へのしつけともいえるでしょう。

頭蓋骨の一番出っ張っている所と、首の骨と背骨を分ける、
首元の一番大きな骨(第七頸椎)の2か所をそれぞれ片手ずつで触ります。
第七頸椎を動かさずにしておいて、頭蓋骨を斜め前方に引っ張り上げるように
伸ばしてみます。
決して無理に引っ張るのではなく、骨と骨の間の椎間板の間が
伸びるようなイメージを持ってみます。

整形外科で首の牽引を経験された方はおわかりでしょうが、
非常に気持ちの良い感覚があります。
で、その気持ちの良い感覚だけを感じるのではなく、
肩甲骨が首の牽引によって、かすかに動くのを感じて頂きたいのです。
肩の上部、つまり僧帽筋上部が上に引き伸ばされますね。

肩甲挙筋と肩甲骨で引っ張り合っている感覚を確かめたら、
実際に声を出してみましょう。 あ〜で十分ですよ。
声が上に引きあがるような、意識の中の後部中二階が意識できれば正解です。
歌で使えるようになれば、声の響きが明らかに変わる事は請け合いです。
タグ:肩甲挙筋
posted by キミコ at 21:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

首を振ってはいけない

7d6735998146335cd1245e6fae567f23.jpg

私は、自分の体の動かし方については、人と比べる事もないので
気が付くのが遅れる事があります。
しょっちゅうここでも書いている事なのですが・・・

ある日気が付きました。
生徒さんと前鋸筋を意識するために腕を振り上げる、
ストレッチとも筋トレともつかない運動をしていました。
生徒さんは盛んに腕の行方を見ています。
つまり、首の動きが非常に賑やかなのですね。

その首の動きをぼうっと観察しながら、
私はそういえば首を動かしていないなあ・・・
と思いながら腕を振り上げていました。
面白いから、生徒さんの首の動きを真似したら!
肩甲骨の動きを見失ってしまいました。

ああ・・・そういえば私は殆ど首を動かす習慣がないんだわ。
そうか!首を動かすということは、身体の中心線がぶれてしまうんだわ。
だから大抵首を動かす習慣を持ってないんだ!
と、思い至ったのでした。

それを生徒さんに指摘して、首を動かすのと動かさない場合の
身体の感じ方を比べて頂きました。
やはり正解でしたね。
そういえば、ジムのインストさん達も、首をあまり動かしていなかったなと
気が付いたのです。
確かにジムで会員さん達を観察していますと、身体のキレの良い人は
首の位置を動かしていません。

歌う時にもとても大事な事なんですねえ。
読んでくださっている方も座った姿勢でいいので、
身体はじっとさせたままで、首だけを前後左右好きなように
動かしてみてください。
身体のど真ん中付近が揺れるのを実感されますよ。

posted by キミコ at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする