2013年06月13日

新しい仕事

0b8e3208196841d83606e8ab9eb4d68b.jpg

4年前に新しい場所で「うたごえの会」を始めて→こちら
そのまま続行中です。 ちょうどこの6月で丸々5年目に突入しました。

いつもの通りに「うたごえの会」が終わって、後片付けも終わった所で
参加者の3名と立ち話をしていました。
一人はこれまで2度も骨折をして、つい最近ギプスが外れたところで、
このまま年齢が進むと、非常に心配だと実感されたんだそうです。
それでスポーツジムのシニア向け教室について、私の通うジムの様子を
尋ねられたのです。(つい最近そんなクラスが出来たのです。)
それに乗るように、
「私は膝が痛くて正座できないんですよ 年のせいだけじゃないですよね。」
とは、三味線のお師匠さんをされている方。それじゃお仕事に差し支えるでしょう。

「そりゃ病院に行っても誰も治してくれませんよ。
結局筋トレしかないんだからやっぱり鍛えなくっちゃ!」
と盛んに煽る、骨折した参加者さん。

そんな様子を見ていてつい言ってしまいました。
「私はボイトレの中でコアトレもしているので、その部分だけ
よかったら教えますよ。」
私はこの「うたごえの会」では、自分の仕事内容について、
自ら話をした事はないので、大変驚かれました。

さあ!ここから話が急に盛り上がって、私は目を白黒!
残る一人も一人暮らしなのに、身体が動かなる事が恐怖だから
ぜひ私も!とすっかり3人で乗り気です。

結局、3名もそろったなら貸主さんのお宅を借りれば、集まりやすいだろうと
貸主さんに話を持ちかけたら、快く承諾されました。
貸主さんは一人暮らしなので、人が訪ねてくると喜ばれるのです。

何しろこの「うたごえの会」の参加者は、ほぼシニア層で成り立っています。
みんなが自分の体の衰えについて危惧を抱いています。
ボイトレで実施しているコアトレは、別に歌唱にだけ役立つのではない事を
生徒さん達の身体の変化で実感しています。
だからこそ声を掛けたのですが・・・

この10日月曜日から、さっそく始めました。
丁度4名が参加されました。部屋の広さの制限もあるのですが、
コアトレは普通の体操教室のように、指導者の表面的な動きを
どんなに真似をしても、普段では感じられない身体の深部を使うので、
少人数でないと伝わらないと思って、最高人数4人としたのです。

コアトレは大きな動きも、心拍数が著しく上がる事もないので、
ペースメーカーを入れている参加者の方も、安心して参加できます。

ほぼ寝ころぶような姿勢ばかりにしたのに、皆さんは相当にお疲れでした。
仰向けに寝た状態で、首を少し持ち上げて、自分のおへそを覗くという
動作さえ全く出来ません。
どれだけ身体が衰えているかわかりますよね。

今日、この参加者の一人に用事があって電話をしたついでに
様子を尋ねました。
予想通りにひどい筋肉痛だったそうです。
「あんなに緩やかな動きなのに、こんなひどい筋肉痛は生まれて初めてです。
全く使っていない身体の部分がこんなにある事に驚きました。
これは効く!と思いましたよ。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。」
とのことでした。

痛いから辞めます。と言われるのではないかと、内心ハラハラしていましたが、
どうやら意図が正しく伝わったようでよかったです。

しかし・・・
思わぬことから新しい仕事が始まった事に私自身が驚いています。
やり始めたからには、辛抱強く続けて頂きたいものです。

posted by キミコ at 00:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする