2008年07月31日

あごで左右される背骨

134540899_247.jpg

まずはこんな動作をしてみて下さい

床に三角座りの体勢で膝の上5センチほどにボールを捧げ持って
座骨のみで座ることで足の裏を床から徐々に浮かし
骨盤を後傾させていきソヘを突き出します



アゴには人間の体をコントロールする、ハンドルのような役目があります。

アゴを引けば、背中の筋肉が動かしやすくなるのです。
だから例えばボールの上に上半身を置いてするような動作の時には
あごのもたらす効果を意識しながら動作をしなければなりません。

ボールを捧げ持ってアゴを引いているので、背中が丸まらないと
この姿勢は取れません。


つまりあごを突き出すクセのある人には
この動作をする事が出来ないのです。

ということは
そへを出すためにはあごを引かないとそれが出来ない、
つまり声を出すためにはソヘを使うことが必要なので
あごを突き出していては効率的に声を出すことは出来ない

ということが言えるでしょう。

生徒さんの中にどうしても声を出し始めるとあごが前に突き出る
クセの人が居ます。
何度か手段を講じましたがいつまでも治らないので
これを思い出して、早速動作をしながら声を出して頂きました。

もちろんこの動作を取ることに対してどういう効果があるか
について話をしないと、それが出来たからとそのまま普通に
発声練習をしても多分何も得る物はありません。

この方にはまずは床に座って膝を立てた姿勢で、
ソヘの辺りを触ったままであごを引く、突き出す
という動作をして背中の筋肉の変化がどうなるのか
理解して頂きます。

ボールを捧げ持った姿勢のままで、あごを突き出して下さいと
指示をだしました。

この人は途端に身体全体が固まってしまって、この動作をする事は
不能になりました。
そういうことを理解して発声をしてもらうと、普通の状態に戻っても
先ほどの苦しさを思い出して気をつけるようになるのです。

ちなみに
この動作を取るのは骨盤を後傾させてソヘを出すと
声が出やすいということを感じるためです。

関連記事

あごの柔軟性再考

暑い毎日ですね

途中で声が詰まりませんか



posted by キミコ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 発声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103952935

この記事へのトラックバック