2008年11月11日

もっと早くわかっていたら・・・

353389401_129.jpg

腹筋も骨盤底筋群という地点から考えると新鮮な感じさえ持てます。
私は首が凝るので、腹筋をすると少なからず首が痛くなるから
余り腹筋の筋トレは好きではありません。
しかし腹直筋を縮める時にあの「吸い上げる感覚」を意識すると
相当に楽にこなせたのには少し驚きました。
もっと早く知っていれば首が楽だったかも知れませんもの。

何か普段し慣れた一つの動作から、新しい意味が掴めるような
感覚が持てて歩くことさえ楽しくなります。
骨盤底筋群を意識して歩くと身体がぶれることがありません。
足の運びが早くなって快適な気分がします。

歩きながら考えたのですが、歌うための筋トレ、いや別に歌に限らず
健康維持の目的のためでも良いのですが・・・

新しく始めるならまずは足底筋を鍛えることですね。
地に足がつかないとやはり問題でしょう。やはり下から積み上げて
徐々に上を調えていくのが正解だと思います。
同時進行で骨盤底筋群を意識したり鍛えたりして、それを手がかりに
腹横筋や多裂筋の存在を意識していく方が早いような気がします。

以前から書いていますが、筋トレだけしても意味がないのです。
いかに筋肉を意識出来るかが重要で身体を組み立てていく意識
のようなものが必要
だなあと今に至っておぼろげにわかってきました。

身体という土台の上に喉や音や歌詞などが乗ってくる
という感じでしょうか。
どれに関しても手が一杯では恐らく歌という統合されたものは
出来上がらないような気がします。
(楽器に関しても必ず必要な感覚ですよ)

いかがです?
こんな風に書いてあるのを見て気が遠くなりませんか?

フリーズするような気分さえするでしょうが、歌うことが好きなら
また魅力を感じるならまずは一歩を踏み出してみませんか?
一つ一つのものに手応えを感じるのがこれまた楽しいのですよ!


posted by キミコ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109511361

この記事へのトラックバック