2008年12月18日

意味を理解したら・・・

209736523_91.jpg

出来る限り出席しているバランスボールのスタジオでの事です。
毎回必ずするポーズがボールに基本姿勢で座って
手を頭上高く上げるというものです。
でもそれだけでなく横から見て必ず耳の横に手が来るように、
また手を上げたらそこから更に上に手を引き上げるのです。

今週のスタジオでそれが何を意味しているのか
初めて理解出来ました!

椅子に腰掛けても出来るので皆さんもこのポーズを
実践してみてください。
手を耳の横に揃えるというのは背中をしっかり起動させないと
出来るものではないのです。
そこから頭上高く上げると骨盤底筋群を意識出来るのです。

手を上げるという動作で横隔膜が下がるということは
私はこのブログで何度も書いているからご存じでしょう。
更に腕を引き上げ続けることで横隔膜はより引き下げられ、
最下部の骨盤底筋群が起動するという訳です。

最下部が意識出来ないできちんとした動作が出来る訳がない!

もちろんインストラクターの人はそれを踏まえて言われているのか
うかがい知ることは出来ませんが・・・

骨盤底筋群を意識することで日常動作は
すっかり意味合いを替えます。
それも最近毎回ここに書き続けています。

再び書きますが
歌うという行為を日常から切り離さないで下さいね。
あなたの日々の生活や行動から歌が生まれます。

声も同じで自分が楽器なのですから体調によって
毎日様相を変えているはずです。
それに気がつけない事がまず一番の問題でしょう。
日々変わる自分を観察することは遠回りなようで
実は歌の上達に一番の近道なのです。
タグ:骨盤底筋群
posted by キミコ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111394600

この記事へのトラックバック