2009年02月27日

恥骨周辺部への意識

72097859_242.jpg

前回書いた恥骨周辺部を意識してみたらについての検証を続けています。

早速生徒さんと試してみました。
歌う時に骨盤を後傾させてこれ以上骨盤を倒せないという所で
恥骨に少し意識を置きます。

別に恥骨を動かすという感覚ではなくて「目印」のような感じでしょうか。
後傾させているという意識を持つためにもなかなか便利な目安
ではないかと思いました。
何しろ後傾させた最後にしか恥骨への意識は出来ませんからね。

それと同時に美容の目的も果たせそうです。
それ目的で始めた訳ではないのですが、歌うための筋トレは
しっかりその役目も果たしてくれています。

女性は加齢と共にこの周辺に脂肪が溜まります。
ざっと見渡してもいわゆる「美容体操」のメニューの中に
恥骨トレーニングは聞いたことがありません。

多分探せばあるのでしょうが私は知りません。
下腹ぽっこりが少しは変わるかも知れませんが、それが言えるほど
試した訳ではありませんので。
ちなみにお腹ぽっこりのへそ下を横切るしわは
大腰筋トレーニングでかなりマシになるはずです。
気になる方はどうぞお試し下さい。


posted by キミコ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114901351

この記事へのトラックバック