2009年04月28日

あごを下ろすというもう一つの理由

エンジェルフェイス.jpg

今図書館から呼吸法に関する本を借りて読んでいます。

ベースボール・マガジン社  「はじめての呼吸法」

平易な文章と読みやすく機能的な流れですいすいと読むことが出来ますよ。


運動と呼吸に関する色々興味深いことが書いてありますが、
その中でへえと思ったことを書きますね。



私が生徒さんの歌う時に口を酸っぱくして言う言葉

「あごを引いて!」

ここのブログ内でもタグで「あご」と書くとどっと関連したものが
出てきます。

例えば あごで左右される背骨など典型でしょう。

借りてきた本の中であごを弾かなければならないもう一つの理由が
ありました。

まず本の中に換気量という言葉が出てきましたので
その定義を・・・

「肺の働きは、空気中の酸素を取り入れ、体内で産生された
炭酸ガスを排出することです。呼吸は延髄にあると考えられる
呼吸中枢からの刺激により横隔膜などの呼吸筋が働き、
息を吸入したり呼出したりしています。
一回の呼吸量を一回換気量といいます」(難病情報センターのHPより)

普段の安静時換気量は500mlでそのうち喉や気管支にあって
肺胞まで届かない空気は150ml。
口腔内と咽頭部分の容積は約65mlなのだそうです。

首を曲げてあごを引くとこの値は約35mlに減少。
あごを突き出して首を伸ばすと100ml以上に増加する。

同じ500mlでもあごを突き出すとガス交換(酸素を取り入れ
炭酸ガスを排出すること)出来る量は315mlだが、あごを引くと
380mlに増える。
つまり換気量が2割増える計算ですね。

あごを引くだけで無駄な呼吸を減らすことが出来る

なるほど!今度から生徒さんにそれも説明しましょう。



またそれに付随してこんな事も・・・


頭の重心はいつも頸椎より前にあるから首には常に前に
垂れようとする力がかかっています。
これに逆らって首をまっすぐ立てるために首の後ろ側には
強力な筋肉が配置されています。

上を向く時にはこの強力な筋肉が首を後ろに引っ張り、それが
首を回したり下げたりするための筋肉に伝わってそれが接する
胸骨や鎖骨を持ち上げる力になる。
その結果胸郭が広がり息を吸うことになる。


皆さんも首をあげて見てください。
確かに自然に息を吸う体勢になっていますね。
首を前に突きだして下さい。
これも自然に吸う体勢になっているでしょう?
この状態で息を吐いてみて下さい。
どれだけ苦しいことか!

歌唱時にあごを引くのは本当に理に適った方法ですね。




posted by キミコ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118237494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック