2009年09月30日

腰の骨を寄せる 追記その2

アルバーティーン.jpg


腰の骨が偉大な働きをしている話をしました。
それで働きは理解して下さったと思いますが、
これはなかなかつらい筋トレになるかも知れません。

腿の表側は筋肉が4本ついていますが、裏側は3本しか
ついていないとバランスボールのインストラクターさんに
お聞きした事があります。(二頭筋なのになぜ3本??)
つまり筋肉が1本少ない分表と裏の筋バランスが取れなくなって
膝の裏側が弱って、階段の昇降に支障を来すとか。

駅のエスカレーターは昇るのはあっても降りるものがない所が
多いのですが、実は降りる方が怖いと脚のダメージを抱えている人は
そう言われます。
そりゃあ筋肉が1本少ない分ダメージは強くなりますね。

こうなると大腿二頭筋を少し鍛えた方が骨盤底筋群の筋トレも
やりやすいように思えました。

大腿二頭筋の筋トレが先か骨盤底筋群の筋トレが先かという感じですが、
どんな筋トレをするにしても骨盤底筋群を引き上げるとやりやすくなります。


方法1a

床に両膝を着いて脚の間を腰幅に開けます。
四つんばいになって片足ずつ脚を伸ばして後ろに振り上げて
戻す時に脚を曲げて元の位置に帰ります。
つま先はまっすぐにしないように注意して下さいね。

方法1b

四つんばいが嫌なら(例えば膝がつらいとか)、壁に向かって立って
手を肘を曲げたまま前方に伸ばして壁に付いておきます。
そのまま1aのように脚の曲げ伸ばしをします。
(エアロビクスのレッグカールに相当します)


方法2(バランスボールを使って)

床に仰向けに寝ころんで脚を伸ばした体勢で、バランスボールに
両方のかかとを乗せます。
息を吸ってお尻を持ち上げて、息を吐きながらボールをかかとで
強く踏んで手前に引き寄せます。
続いてそのままお尻の下までボールを寄せます。

いずれも楽な動作ではありませんが、弱い筋肉を鍛えるのですから
それ相当のきつさを伴うのです。


どの方法でも骨盤底筋群を感じつつ、腰の骨を寄せることを忘れないように。

最近自分でも笑ってしまうのですが、このブログは発声のためなのか、
身体部分の筋トレの為なのか一体どちらでしょうね。笑




posted by キミコ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129214595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック