2009年10月31日

タオル体操で導き出したこと2

ポールズヒマラヤンムスク.jpg

昨日のタオル体操で導き出したことについての続きです。

この筋トレについては単に胸に関して意識をして頂こうとそれだけの
意図でしかありませんでした。
でも、続いて次の生徒さんのレッスンに入った時にまさかそれが
役に立つとは思いも掛けなかったのです。

既に骨盤底筋群に対する意識も出来て、僧帽筋下部を使うことも
十分承知している生徒さんです。
声も申し分なく出ているし聞いていても安心なのですが、なぜか
物足りないと思いました。

どうして今回に限ってそう思うのか自分でも不思議に思いましたが
何かが足りない。
身体の動きを観察していてわかりました!

先ほどの生徒さんの肩胛骨を下げた状態の胸の形が頭に残っていたのですね。

それで頭の中に再び気がついたことや、戻りましょう、みぞおち胸の上部を上げる等で
散々私を悩ませて来たことが、タオルを持っただけで出来上がっていた事が
1時間も経ってわかったのですね。
早速その生徒さんにもタオルを使ってその動作をしてもらったことは
おわかりでしょう。

先日書いた双方向に引っ張るをもう一度思い出して頂きたいのです。
双方向に引っ張ることが効率よく筋肉を伸ばすのですね。

歌うために横隔膜は下がり、骨盤底筋群は上がり、僧帽筋下部も上がります。
引き上げる筋肉群が優勢では双方向の力は望めません。
ここに肩胛骨を下げる動作が加わるとうまくバランスが取れるのです!


みぞおちを上げるために肩胛骨を下げるって不思議ですか?
まあ一度試してみて下さい。
頭の中だけで処理するとおかしな事になっても気がつかないでしょう。

僧帽筋下部と肩胛骨の拮抗を感じることによって、どんなに楽で
しかも声に艶が生まれることか!

ただし、僧帽筋下部と肩胛骨の間に力の差があると声は揺れますので
自分の背面に注意を怠らないようにして下さい。


これでまた一段ステージが上がったような気がします。
何も知らないからこその発見の喜びです。









posted by キミコ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131697383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック