2010年05月06日

もう一つの意味

789038457_45.jpg

お久しぶりですね。
書かないとアクセス数は下がっているようですが、大して書くこともありません。
このまま気になったら書くというスタンスでやる以外はなさそうです。

ぶれない身体を作ろう 3で足振りの方法について述べました。
相変わらずこれを検証する日が続いています。

ジムは平日会員として入っているので、このGWは1週間抜けました。
5月になって久しぶりに、今日初めてジムに行きました。
毎日連続してのトレーニングはそれはそれで素晴らしいのですが、
間を空けて見るのも大事な事だと思います。
毎日続けているとわからない事、見えないことがくっきりと現れるのです。

いつも通りに足の裏(医学的には足の表と言うらしい)に気をつけて
足振りをしていました。
いつもと立つ感覚が違っているのです。

いつもならくるぶしから下の「足」に、そこから上の部分を
順に乗せて立つのですが、今日は明らかに違います。
いわゆる「脚」部分がしっかりと自己主張をしています。
脚の付け根から下の部分がしっかりと立ってくれているのです。

おわかりでしょうか?
つまりいつもは足の裏からくるぶし、ふくらはぎ、膝、太もも・・・
というように、私の中ではそれぞれのパーツが足の裏から連続して
繋がっていたのです。

でも今日は違います!
「脚」という部分がしっかり独立してくれているのを発見したのです。

こんな不思議な感覚を私は初めて味わうのでした!

何度も書いていますが、私はほぼ筋肉ゼロ状態から身体を作ったので、
どんどん自分の中で筋肉が充実していくのを感じることが出来るのです。
若い内から筋肉を鍛えた人には多分理解して頂けないでしょう。

振っている方の足ばかりに気を取られていました!
そうではなくて、もう一方では身体を脚1本で支えている
という事実が抜けていました。

脚1本で全体重を支えるってすごいことだったのですね。
脚1本だけでも上体を浮かしておけるって大事な事ですねえ!

新しい意味を付加していけるってとても楽しくてわくわくします。
自分の身体と仲良くして、自分の身体を楽しみましょう!

posted by キミコ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック