2010年05月31日

ジムの片隅で・・・

816831636_3.jpg

相変わらずジムに通っています。
最近のマイブームはあの「足振り」です。 もう1つの意味

トレーニングルーム内の、ダンベルやバーベルを置いてある場所に
ステップ台があるのでそこでひそかに足を振っています。
もう立ち方もすっかり慣れてきましたよ。
肩先も開いてがっしり立てているのがわかります。

しかし、慣れが来ると足振りって単調なのですよね。
そこで足を振りながら周りに聞こえないほどの声で
(というかハミングに近い?)発声練習というか喉の筋トレを
同時に始めました。

歌うための足振りなのですから、声を出して行うのは
悪いことではないと思いますので。


前回の言い方を変えてみたで動物の真似をする事に
自分自身とても興味が湧いたのです。

喉の振動の有無に関して、当然誰にも教わったのではないので
新しもの好きの私はこれは何なのかを確かめたくて、うずうずしているのです。

あれから生徒さん達に実践してもらったら大変うまく行きました。
改めて、喉を膨らませることや高音や低音のポジションについての
認識を新たに持ってもらえたのです。

今まで高音部になると途端に響きが変わってしまう人も
その言い方だとすんなりと理解してもらえたのです。
私自身一体どう言えばよいのかずっと迷っていたので、これは
私にとっても目から鱗でした。

今現在ジムでやっていることは、両方のポジションでどこまで
声区の切り替え無しで行けるかということを楽しんでいます。
いつもの声が出せないので苦労はしますが。

続いて、ある発声練習のパッセージを用意して(主にオクターブ)
両方の声を混ぜ込みます。
つまり声を軽くする筋トレそのものですからね。
これはもっと楽しめます。

そうこうしている内に足も疲れてきて止めるのですけれど。
足振り練習も実際声を伴っているので、退屈することなく
益々練習にのめり込めます。

posted by キミコ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

自分の体って、わかってるようでわからない域ですよね。現状にとどまらず、いろいろ試行錯誤されていて素晴らしいと思います。



Posted by ぱんだやぎ at 2010年06月02日 16:54
ぱんだやぎさん
愛想も何もない仕事ブログにようこそ。
私の仕事は五感を高める手助けをする事です。
その為にはまず自分が身体を研ぎ澄ませておかないと、何も生徒さんに言えません。

日が過ぎて行くに従って、わかってくることが次々に出てきます。
それを掘り起こすのがまた楽しみなのです。
これからもたゆみなく身体を通して色んな事を考えていきます。
Posted by キミコ at 2010年06月02日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック