2010年07月07日

身体を引き上げるってこんな事!

ロココ1.jpg

最近は足振りと共に肩甲骨の感覚の獲得に夢中です。
我ながらよくまあこれほどやることが沢山次々出てくるなと
感心しています。

先日ようやくあの「バタフライ」というマシンの使い方を悟りました。
初めは2回開くのがやっとという情けなさ。涙
それも最低の重りでですよ。
やっと今月に入ってようやく10回は出来るようになりました。

それがマシーンに腰を掛けていつものように開いた途端に
悟りが来たのです!
単に横に広げるのではなくて、椅子に体重を掛けるかどうかの
すれすれ状態で上半身全体を持ち上げて開くととてもやりやすいって。
一応「身体を引き上げる」事はわかっていたつもりなのですが。
まあ元々筋肉ゼロの私ですから、無理もなかったのでしょう。

歌う時と同じだし、引き上げるという感覚はスポーツだろうが
日常生活だろうがオールマイティだと思い至りました。
例えば階段を上がる時にも、足に体重を掛けすぎないように
操り人形に階段を昇らせているような感じで上がればいいんです。
いちいち床に体重を落としてしまうと、次の階段に足をかける時に
また身体を持ち上げなくてはならないので、負担が大きくなるのですね。

一言で言えば済んでしまう話だけどその一言の重いこと!

それを身体で理解出来るのに一体何年かかったんでしょう!


大腰筋を下に伸ばす感覚も助けてくれたんだなと思います。
バタフライの持ち手を横に広げる時に、上半身を引き上げる事は
すなわち大腰筋を上下に引き伸ばすことに他ならないという訳です。
そうすることで腹横筋も無駄なく働いて、そこからも力をもらえますからね。
posted by キミコ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155706760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック