2010年11月27日

小さなボールを使って 2 ハムストリングスに 

201011231516000.jpg

ハムストリングスとは太ももの裏でお尻の真下です。
ここは意外と盲点のようで、表側の大腿四頭筋はよく使えても
裏側は放置されている事が多いようで、生徒さん達はここの筋トレとなると
うめき出します。笑

これが使えないと階段が下りにくくなります。
放置しておくと、駅で階段を下りにくくなっている
お年寄りの予備軍になれることでしょう。

何で歌に必要があるかって?
ここが使えないと骨盤前傾が困難になるからです。
歌うためにはしなやかに動く骨盤が必要ですからね。

あなたが道を歩いていて、同じように歩いている前の人を見て、
腰の凹んでいる所がないって事はありませんか?
そんな人は歩幅も狭くて、つま先も上がっていないはずです。
骨盤前傾が出来ないので、腰の凹みが段々なくなって
太もも裏が退化しているのです。

こんな人が素敵な人に見えますか?

骨盤前傾が出来ないから背骨も伸ばすことが出来ません。
そうすると肩甲骨を寄せることが出来なくなって、あごが前に出ます。
首の後ろが肩に埋もれて、肩こりの原因にもなるし、顔が弛みます。
立派な「年寄り」の完成図です!

歌うことにだけでなく、生活の質も充実させたいキミコです。
それを防ぐためにこのボール1つが役に立つのです。
ボールは空気を入れすぎないように柔らかい状態にします。


1 うつぶせに寝ころびます。
手の位置は額の下が良いでしょう。
膝を揃えて、膝を床から少し浮かせます。
重力の作用で腹横筋が床に垂れるので、しっかり引き込みます。
お尻も中央に寄せてかちかちにします。

2 まずはその姿勢を保って片方の膝を曲げて、
かかとを立ててお尻を打ちます。
くれぐれもつま先を伸ばさないように。
ハムストリングスが収縮しているのがわかりますか?
もう片方の足も同じ事をします。
腹横筋に注意が行かないので、ちゃんと引き締めましょう。


3 2の確認が出来た所で、曲げている膝とハムストリングスの間に
小さいボールを挟みます。2と同様にお尻を打ちます。
余り力を入れるとこむらがえりを起こしやすくなるので気をつけてください。
もう片方も同じ事をします。
2,3共に左右差を感じませんか?
「利き足」は力が入っても、もう片方は力が入りにくいと思います。

余り初めから回数を増やさずに実施してください。
そうしないと、翌日は悲鳴付きで階段を下りる事になりますからね。

トレーニングが終わったら四つんばいになって骨盤の前傾後傾をして
ストレッチをお忘れ無く!

posted by キミコ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170926757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック