2011年03月08日

チューブを使う

エンジェルフェイス.jpg

ようやくチューブを使った筋トレについて書けます。
チューブトレーニングもジムにスタジオがあるのですが、
このスタジオの種目がやたらにあって、私が習得するヒマもありません。
なんとかそれらしく自分で考えられるようになったのは、つい最近です。

ジムでは多くのマシンがありますが、チューブを使いこなせるようになると
マシンより使い勝手が良いかも知れません。
マシンには重さの目盛りがありますが、チューブは引っ張る力、
それ自体が目盛りになります。
自分が加減する事が出来て、目盛りの調整も不要です。

表層筋肉を鍛えることも深層筋肉を鍛えることも出来ます。
要は慣れるだけのことと、意識の持って行きようです。
歌うための筋肉は表層筋肉はあまり必要がないので、
私が使うのは主に深層筋肉だけです。


私は以前腕、肩、首が非常に弱っていて、チューブを
使いたくても痛みで使えませんでした。
引っ張ることで今もまだ日によって、腕に痛みが走ることがあります。
それでも使う事自体が筋トレにもなるので、
その辺りは自分の身体と相談して使ってみて下さい。

腕にトラブルを抱える生徒さんが多いので、
苦痛を感じるメニューは他のメニューに替えて
筋トレ効果を出すことを最近やっと考えられるようになりました。
これからもっとうまく考え出せるようになると思いますので、
考えついたらまた徐々にここに書こうと思っています。

続く
posted by キミコ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189647091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック