2011年07月29日

コップの工夫は使えていますか?

34603927da43110b5b42cd8be2bdbe64.jpg


再びの閉口母音の話を続けます。

全く偶然から思いついた工夫ですが、意外と使える技だと思いました。
自画自賛かも知れませんけれど。笑
但し、水を飲む時は意外と唇は堅くしないと飲めません。
唇に力をいれずに発音しないと堅い「U」にしかなりませんので、
あくまで唇を突き出す方向が水を飲む時の向きだということで、
その辺は気を付けてくださいね。

最近声楽を始めた生徒さんですが、さすがに高音が続くと
スタミナ切れを起こします。
声楽での高音は胸の高さが決め手ですからね。
身体を引き上げられないと、とてもじゃないですが高音の連続は
耐えられませんし、聞いていられません。

このコップの技をレッスンの最後にヒントとして出しました。
いや、私がわざとそうしたのではなくって、ひょっとしたら
使えるかなと思いついて最後に提案したのですが。

なぜかというと、奥歯の高さとコップに口をつけたときの目の表情が
高音部に活かせるのではないかと思ったのです。
早速ピアノの上に置いてある、生徒さんの為に出しているコップに
お茶を注いで実際に飲んでいただきました。

でもコップの工夫は「U」の発音のための技ですから、水を飲む程度の
表情では当然役には立ちません。
奥歯の位置が普段とは相当違うことを頭に入れてくださいね。
軟口蓋を上げる事が歌う時には不可欠だと、何度もこのブログで
述べていますが、それを実行するためにこの表情が必要なのです。
何故なのかは、是非読んでくださっている皆様が各自に確かめてください。
もちろん実行するためには胸を引き上げられることが条件ですが。

posted by キミコ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 発声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック