2011年12月19日

こんな事を発見しました

コロラマ.jpg

最近散々生徒さんたちに、「体を引き上げる」事について
やかましく言っているおかげで、ちょっと気が付いたことがありました。

「みぞおちとおへその間を引き上げる」事に関しては、
このブログでもいやというほど書いている事ですが、
その裏側、つまり背中側も引きあがっているわけで
それについてはうっかり忘れがちになるのですよね。

いや、忘れがちというか、体が上手く機能してくれないので
ちぐはぐになってしまうという事もあるかもしれません。
肩甲骨がうまく機能してくれないと、骨盤との連携がうまく行かず、
脊柱起立筋の働きが悪くなって腰が引きあがらない!

ただでさえ、あごを突き出すくせのある人には、これが出来ないために
悪循環を繰り返してしまうっていう事がおぼろげに見えて来たのです。

腰が引きあがらないので首が落ちて
首の後ろがつまってしまう
そうなるとあごが前方に出てしまう


首の後ろを引き上げるためには、肩甲骨を寄せるという事が
第一条件になるのです。
いえ、私もついこの間レッスン中にはっきりわかったくらいですから、
大きな顔は出来ないのですが、自分の身体を通してわかったことなので
ここで書けるのです。

仰向けに寝転びます。
脚は膝を立てていても、伸ばしていてもかまいません。
首の後ろに手を通すとかなり隙間が空いているはずです。
あごを引いてその隙間を少し閉じます。

その時に肩甲骨が寄るのを観察できるはずです。
それと共に胸の筋肉が少しですが引きあがるのもわかるはずです。
肩甲骨を寄せるためには腰も少し引きあがっているのも
気をつければわかるのではないでしょうか。

首の後ろを引き上げることが出来なければ、あごが前方に行くしかない
という事で肺も広がらないし、顔の筋肉も上手くつかえなくて
高音部を出すことは絶望!となるわけですね。

どうしてこんな事を今まで見逃していたんでしょう!

posted by キミコ at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄い! 本当だ! 全部繋がっている!
先生 おはようございます。
そうですね〜 顎が出て出て・・・気が付くと、出ている・・・・。コメカミも硬く・・。
繋がっていますね、当然でした(は〜)
ヨーガのシャバーのポーズでも顎引いて、と言われました。
よっぽど自己主張の強い顎なのですね〜・・。
肩甲骨柔らかくの運動をするときは、腰の引き上げにも意識を持ってやってみます。
あと、嬉しい報告をさせて下さい。
何年もの間、仰向けに寝ると腰が痛くなり、横を向いたり、うつ伏せになったり、と苦労続きの睡眠でしたが、
最近、あれ?腰痛くない・・と気が付きました。不思議です。何処かの筋肉が付いてきたのでしょうかね、
キミコ先生のブログに出会えて今年の私は、超幸せ者です!
いつもいつもありがとうございます(礼)
Posted by 笑美 at 2011年12月20日 08:13
笑美さん、こんにちわ。
いつも早いコメント有難うございます。
たった今も生徒さんが帰ったところです。
この人も肩甲骨の動きが悪くてあごの出る人です。
自分では気が付いていないものなんですよね。
よほど自分の動きを気にして居ないと変な動きをしがちです。
この気配りが歌を上達させることに繋がるので、一層努力してください。

それはよかったです!
私のつたないブログでもこうして日常を、
気持ちよく過ごせる手立てになっているのですね。
書いていてよかったと思いました。
でもそれを実行される笑美さんが一番すごいです。

私もそり腰で苦労しましたよ。
つまり多裂筋がやわらかくなったのでしょう。
腰周りの筋肉のゆとりが出来ると日常が快適ですよね。
年齢に反して体が変わっていく快感ったらありませんよねえ!

Posted by キミコ at 2011年12月20日 12:57
嬉しいですね、信じられません。
Posted by 笑美 at 2011年12月20日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241400119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック