2012年06月24日

長座前屈

227980574_141.jpg

こんにちわ。
とても鬱陶しい日々が過ぎていますが、お元気でしょうか。
これだけ気温や湿度の乱高下が続くと、健康な人でも体調を崩しがちです。
暑いからと肌を露出させた恰好で眠ると、夜中や明け方に意外に冷えてしまいます。
そうなると身体は喉の粘膜を守ろうと粘液を出します。
これが声帯に落ちると痰の絡んだ声になって、翌朝のどがごろごろするのです。
免疫力が落ちていると、それが風邪の症状に移行しますから、ご注意を。
声のためには、胸や喉を余り露出させすぎないようにするのが賢明です。


さて、このブログは一体何のブログなのか、書いている本人にも
怪しくなってまいりました。笑
自分が身体を改造して、声の調子がいいので、どんどん書いていますが。

身体を動かして理解が深まるの続きを書きます。
私の提案したとおりで正解ではあるのですが、もう一歩進めてみました。

小さいボールを使います。
小さなボールを使って 骨盤底筋群の中ほどのAを参照してください。

長座の姿勢で太ももの間にボールを挟みます。
参照ページのような感覚を理解していただけると思います。
自分の実感としては、お尻の力が半端ないのと、内転筋の感覚がありありとします。

この感覚を利用しながら、脊柱起立筋を引き上げ、肩甲骨を下ろし、
肋骨の間を開いて(つまり骨盤前傾ですね)顔は下に向けず、
真っ直ぐ前方を見て足の付け根から前に上体を移動させます。

骨盤前傾姿勢は背骨はまっすぐのままで、腰は丸まりません。

長座前屈の目的はハムストリングスをストレッチする事ですから、
深く上体を折り曲げなくてもいいのです。
肩甲骨を下ろす感覚がわからないと、成功するかどうかは保障しません。
生徒さんはこれで出来るようになって、とても喜んでいましたよ。

で、これが歌のためになんの役に立つ?って?

歌うためには上半身を支えないと声が出しにくいのです。
抗重力筋であるハムストリングスをしっかり育てない限り、
あなたの思うような声は出せません。

ご健闘を祈ります!
posted by キミコ at 12:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生 おはようございます。
顔は、前をむいたままで前屈は、背骨を丸めないで、前屈すると言うことでしょうか?
体の硬い私としては、相当きつい!
今朝、家族に背骨丸くなっていないかどうか、見てもらいながら前屈してみました、
ま〜汗がドット出てきました・・・。
お腹が相当引き込まれますね?頑張ります〜
先生、先日指導者から、体が使えてきています、と言われました、メゾパートで、五線から下の部分を歌う時、胸に響かせながら、眉間を狙い軟口蓋を上げてみてくださいと言われましたが、難しかったです。
軟口蓋の意識をすると、耳の下辺り、コメカミが固くなってしまいます。
母音体操「い」を思い出し、合掌と親指顎と、鼻意識で、コメカミを下げる意識でやってみましたが、自分ではわかりませんでした。顎出しと引っ込めての声の違いが少しわかりますた。
地声の強い人が側に来られると、もう分からなくなってしまいます。
今は、九月の舞台を目標に励んでいます。
体作りで声出しが出来るって嬉しいです。
ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年06月26日 08:32
笑美さん、こんにちわ。
やっぱり更新に、気がついてくださいましたね。
ああ・・・
書き忘れていますね!ちゃんと書き直しておきますね。
もちろん骨盤前傾が大事です。
そうしないと太もも裏は伸びるはずがありません。
だから脊柱起立筋を立てて とか、肋骨の間を開けて
と書いたんですよ。

軟口蓋を上げる、は簡単です。
しっかり目を開けば良いのですよ。
目を開けたときと普通の時とで軟口蓋がどうなるか
確かめてみてください。
第一眉間を狙うためには、目が開いていないと出来ませんでしょ?
後は口を開けた状態で、水を口の中に溜めるという感じで、
舌を下げて、下の歯に舌を軽く当てておきます。
Posted by キミコ at 2012年06月26日 12:14
先生 お忙しいのに早速のお返事ありがとうございます。
太もも裏がとっても固い、痛いです。お風呂で伸ばして少しずつですが柔らかくはなっていますが、サボるとすぐ、イタ〜イとなります。戻るのって、はやいですね〜8(泣)
そうですね、手を前に出す事より骨盤の意識ですね?
軟口蓋のいわゆる「ノドチンコ」なる所を必死で上げようとして、固まってしまうのでしょうか?
目を開けて・・だったら、簡単ですね!
水を口の中に溜めて・・は、「マイフェアレデイー」でイライザが、口一杯にチョコレイトを入れられて、「マーブル」と発音させられていた、あれを想像したら・・・舌が下にいてくれるかな〜?唾を飲み込む時間の無い曲があります。舌に力が入っているのでしょうか?
眉間狙いは、より目?にしたら・・?
明日のコーラスで色々実験観察してきます。
いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年06月26日 13:13
笑美さん、こんにちわ。
今生徒さんが帰られたばかりです。
太もも裏は自分が使えるようになってわかったことですが、
ここが使えないと身体は思うようになりません。
ここを征服しないと身体を支えるのが辛くなります。
しっかり使えるようにトレーニングしてください。

前屈が出来ない人は身体を曲げる事にしか意識がないのです。
ではなくて、背中と骨盤の連携する行動なんですね。
どこから曲げてもいいのではなくて、股関節から曲がるんですよ。

口蓋垂だけをどうにかしようと思うと、こわばるのは当たり前です。
前屈と同じで、連携が必要なんですよ。
目を開くことが軟口蓋と連携して口蓋垂を上げさせるのです。

口を閉じた状態で舌を下の歯につけられますか?
もちろん何も力を加えずにですよ。
それが出来たら徐々に口を開ける・・というか、
あごの関節を動かしていけばいいんです。

より目で眉間狙いって笑ってしまいました!
それはコントの世界で十分です。大笑
目を開けて冷たい息を吸い込む感覚で十分眉間が狙えるはずですよ。


Posted by キミコ at 2012年06月26日 16:38
先生
笑わせてしまいましたね、私も今やってみて、笑ってしまいました・・。
目に息を吸うみたいに?ですね、
鏡をみながらいろいろやってみます。
明日の出来ばえが楽しみ!です。
いつもありがとうがざいます。
Posted by 笑美 at 2012年06月26日 16:55
キミコ先生こんばんは、
今日のコーラスは譜読みが多かったので下を向いてが多かったのですが、目をカットひらいて、やってみました。お陰様で、コメカミも顎も疲れませんでした。そして、目をカット開く意識をすると、姿勢も良くなるし、首も真っ直ぐになるのですね!
長座前屈を良く読み直しましたら、深く折り曲げなくても良い・・とかかれてありましたね、足の付け根からが大事で肩甲骨を、寄せて、少し胸を張るようにですね?
舌を歯の根本に付けて歌えますが、「い」の時舌が盛り上がってしまい、上奥歯に舌が付きます。むずかしい〜です。
来年の2月に神戸松方ホールでの参加も決まり、またまた、一層の研究課題が増えて、楽しみ・・・苦しみ・・もです。
また、色々質問させてくださいませ。
いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年06月27日 21:53
笑美さん、こんばんわ。

目を開ける効果は大有りだったようでよかったです。

「い」は開口母音ですから、「あ」や「え」と
口の開け方としては変わりません。
舌の位置が変わるだけなのですが、確かにマスターするには大変です。
以前に書いた記事を参考にしてやってみてください。

目を開けると喉が高くなるのがわかったようですので、
「い」の盛り上がった舌の奥にぽっかりと空いた空洞が確認されるはずです。
それを意識してそこに声を当てます。
日本語の「い」は奥歯を閉じる発音なので、
そうならないようにしっかり閉じないように見張っていてください。

わかりにくければ、コップを口に当てる「う」の練習の項をもう一度読んでみてください。
「う」の時の奥歯の位置なんですが。・・・
Posted by キミコ at 2012年06月28日 21:42
キミコ先生こんばんは、
パソコンの脇に鏡を置いていて、「う」「い」とやっています。
実は、「え」の舌より「い」は少し強く下前歯につきます・・の所を詠んで、そっか、強くかと早合点して、早速コーラスでやってみましたら、確かに声は前にいきますが、どこか変?と鏡をみてやったら、舌が盛り上がっていて、読み間違えたな〜と思って質問させて頂いた次第なのです。
「う」から「い」をやってみると、自然な感じで少し舌に厚み?ができるようにおもわれます。此のくらいだったら、自然だな〜?
とおもいました。
コップの使い方は、確か去年の7月と思って開けましたら、ドンピシャリ!
まだ、ボケていなかった!・・・。
舞台があった月なので、印象が強かったこともありましたが・・・。
地区の文化祭に「サウンドオブミュージック」を歌いますので、その雰囲気のでる手作り衣装の生地を探し回って、帰りの駅の階段をトントンと上がってたら、他の部員の人達は、ハ〜ハ〜心臓バクバクと言っていました。
キミコ先生の足ブラブラ効果や、ペンギン歩き効果がこんな所でも役に立っています。
皆私より5歳は若いのに〜
ありがたいです。
いろんな方面でありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年06月29日 22:17
笑美さん、おはようございます。
口の中は常に力は入れません。
舌をこわばらせるとたちまち口中がこわばります。
そんな声で歌うと疲れてしまいますものね。
あ〜おまでの母音5色を混ぜて母音練習をされるといいですよ
これも奥の深い練習だと思います。
生徒さん達も気を抜かずよく練習についてきていますよ。

体の連携が上手くいくと生活の質が上がりますよね。
特に太もも裏は年が行くに連れて筋肉が落ちます。
何歳になっても自分の足で移動できないと生活が楽しめません。
私もここに書いた甲斐があります。
有難うございます!
Posted by キミコ at 2012年06月30日 10:28
キミコ先生 こんばんは、
随分コメント沢山になってしまって、
先生を独り占めしてしまいました。
体の観察と鍛えるのが歌に役立てられるのが、本当に嬉しいです!そして健康にも!
「う」から「い」にはいるのは、響きも掴み易いような気がして気持ちいいです。そして、私の場合「あ」が開き過ぎて軽い声にきこえるので、「う」「い」「あ」、「う」「お」「い」、「う」「え」「あ」と「う」から始めるのが、合っているように思えました。
コーラスでもパートの声をあわせるのに、母音でフレーズを歌ってから、言葉にもどって歌うと声が揃って嬉しくなります。
家で、地味に母音で歌う練習も大切なのですね。
「声の粒を揃える」が出来たら素晴らしいでしょうね〜 夢のまた夢かな〜
いつもいつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年06月30日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277016485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック