2006年12月18日

戻りましょう みぞおち

P1010017.JPG

随分話が横に逸れてしまいました。この前の続きに戻りましょう。

今日はみぞおちから行きますね。

みぞおちを触ってくださいと言うと丁度胃の辺りを触る方が多いです。

本当は乳首と乳首の丁度中間点を触ってそこから少し下がった辺りの事
差しているのですが・・・
胸の中央のくぼんだ部分の事をみぞおち(鳩尾)と言うのです。

そこに両手の人差し指と中指の先を付き合わせるように揃えて触ります。

胸に力を入れたら左右にその指がぱっくりと割れますか?
丁度鳩尾のくぼんだ穴を見せているような感じがしませんか?

その動作の時に息を吐けますか?
とても苦しいと思いますよ。
肩胛骨と大胸筋に助けてもらわなければつらいでしょう?
僧帽筋下部の助けもかなり必要です・・・後日加筆

筋トレとしてダンベルを両手に持って胸の中央から両脇にゆっくり動かす動作を
して頂きたいと思います。その動作で腹筋もかなり鍛えられるでしょう。

つまりはそこが割れるくらいの力が歌う時には必要なわけです。
これも歌うためのとても大事な周辺筋肉の一つなのです。

もう少し上に上がりましょう。
鎖骨の下の辺りですが

通常は意識にも登りません。
鎖骨の下の辺りに手を置いて広げられますか?
鳩尾以上に困難な作業だと思います。

11日にも書きました。肺を広げなければ歌えません
ダンベルで鳩尾同様しっかりトレーニングをして
その辺りの意識を高めて頂きたいのです。
その為には菱形筋の筋トレも必要です・・・後日加筆

もう一つ! どの発声の本にも書いてないことを教えましょう。

走る時には握り拳をして脇の辺りに手を置きますね。
その丁度拳の当たる場所、つまり胸の両脇なのですが。
ここの筋肉を手ではなく腹筋と胸筋で持ち上げながら横に広げられますか?
これができれば胸筋を広げる時にとても役立つのです。
菱形筋が使えるようになればこのように肋骨を引き上げられます
・・・後日加筆


かなり力が要るのですが肋骨を持ち上げることができるので肺が広がります。
ダンベルでトレーニングする時にここにも意識を持っていってください。

ある動作をする時に自分がどこに意識を持っていくかということは
歌う場合において特に大事な作業です。

私はレッスン中によく生徒さん達にどこに意識を持って行っていますか?と
突発的に聞くようにしています。

一つのことをしながら他にも意識が持って行ける。
この気配りは日常生活、特に仕事においてはどんな仕事をするにしても
重要ですね。
声を出すことに置いてはこの作業が明暗を分けることにもなります。

歌うことは実は深く追求すれば日常にどれほど役立つことか!
上達の早い生徒さんほどこれに早い時点で気が付いてきます。
一事が万事ということですね。

はい。 今日は発声のどの本にも書いてないことにも言及しました。
読んで下さった皆さんは得をなさいましたね。 笑

関連記事
発声だけでなく・・・4
ラベル:鳩尾 
posted by キミコ at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生おはようございます。
本当に一時が万事ですね。
悪いやつにおいかけられて・・・から   丹田をいつも意識して・・で胸高くが意識できて、腹筋・背筋・肩甲骨・・・でコブラのポーズに繋がって・・・
鎖骨の意識で、胸広げる感覚を、覚えて・・
そして、足ぶらぶら で歌う姿勢のあちこちを観察する事ができて・・・。
先生の気付き素晴らしいですね!
コーラスの先生達は、お腹・姿勢良く・胸広げて・・喉開けて・・
一言ここを意識して、家で筋トレとは、一度も言って頂けませんでした。
先生のブログに出会えて本当に感謝です。
全て繋がっている! ステキですね〜
ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2011年09月30日 09:22
笑美さん、おはようございます。
笑美さんの書かれたコメントに私がレスをして、
それにまたレスをつけて頂けるなんて、恐縮ですよ。笑
本当に喜んでくださってるのがわかってありがたいことです。

自分が人一倍鈍感で、でもあきらめたくなくてここまで来ました。
この06年に書いたものは本来なら削除したいのですが、
当時の私はこんな程度しかできなかったんだという
戒めというか成長の過程ですかね。
それで残しているのですが、恥ずかしいですね、相当に。

菱形筋だけ鍛えてもだめって今ならわかりますが・・・
その内加筆しなくちゃです。

自分が出来なくて大変だったから、生徒さんの困っているのを放置できなくて、色々工夫しています。
それで少しは役に立ったのがわかるとよかったなあと思います。
コーラスの先生たちは一対多数の言い方しかできませんからね。
多くを期待するのは気の毒でしょう。

これからも気付きを大事にお互い頑張りましょう。
Posted by キミコ at 2011年09月30日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック