2012年11月27日

肋骨を広げる

アルバークィーン(英).jpg

仕事と予定が多くて、なかなか更新ができなくて、遅くなってしまいました。
最近は肩甲骨というより、肋骨という単語がレッスン中によく出ます。
肩甲骨の裏側は肋骨ですからね。生徒さんたちは私に、散々肩甲骨を
注意されまくっていたので、肋骨という単語は新鮮かもしれません。

こちらの4番目のトレーニングですが、
みぞおちを上げるというメリットの他には、肺の拡張の妨げがなくなるので、
肺を広げるという、歌うためには大きな要素が満たされます。

意識して肋骨が使えるようになって、他の筋肉との連携が取れるようになると、
ロングトーンが軽々とできるようになります。
喉に問題さえなければ、声に艶や張りが出るのももちろんです。
そりゃ当然ですよね。楽器が何段もグレードアップするわけですから。

私もこれをずっと続けてトレーニングしているのですが、意外と広げるのが
難しいものだという事を実感しました。
呼吸は誰でもほぼ無意識ですから、わざわざ肋骨を広げる必要は
日常生活にはありえませんもの。
つまり脳から指令を伝えさせるために、まず脳のしつけが必要なのです。

肋骨を横に広げるだけでなく、持ち上げることも大事です。
持ち上げるためには、大胸筋を育成することが必要です。
そのためには肩甲骨の間にボールを入れることが効果的です。

でもこれがかなり苦痛なのです。涙
少しは痛い目をしないと、脳を育成することができません。
私も生徒さんたちと必ず一緒にトレーニングをしますが、
これまでに一度も楽だと思ったことはありません。

先に注意事項を書いておきます。

1、ボールはあまり膨らませない方がいいです。
膨らみが大きいと苦痛も大きくなります。

2、やってみるとお判りでしょうが、頭部が下がりますので、
血圧の高い方は頭の下にタオルを畳んで敷いた方がよろしいでしょう。

3、肋骨を広げるためには効果的ですが、あまり力を籠めすぎないで下さい。
周辺の筋肉痛を後で感じることになります。
身体と相談して、何事もほどほどに・・・


方法

仰向けに寝ころんで、足は膝を曲げて立てておきます。
手はお尻の側に手のひらを下にします。
肩甲骨の間より少し下にボールを当てます。

1、肋骨の下方に手を当てます。肋骨の尖ったところですね。
息を吸い込んで・・・と言いたいのですが、あまり意識しすぎないように。
ご存じのとおり、歌うためには吸う意識はかなり邪魔をしますからね。
肋骨を横に広げる事を、息を吸う事より優先させてください。

2、肋骨を横に張り出す感覚と共に、みぞおちを突っ込む感覚を覚えます。
つまり腹横筋を必ず一緒に使わなければいけません。
この感覚を伴わない限り、どんな運動をするにしても効果は期待できません。

みぞおちを突っ込む、とは乱暴な言い方ですけれど、前方から見て、
胃が突き出ているように見えては腹横筋の活性が期待できません。
膨らんでいる所を斜め上方に引き込みます。
同時におへその少し上の辺りも引っ込ませる事が大事です。
おなかを引っ込ませたい人にも成果が期待できるトレーニングです。


3、肋骨を横に張り出したら、肋骨の間に置いている指に少し力を入れて
上に引っ張り上げます。もちろん腹横筋の感覚は抜いてはいけません。
1,2,3を実行している間中、骨盤は前傾している事を意識します。
上に引っ張り上げられたら、普通に息を吐いて、元の態勢に戻ります。


続きます・・・




posted by キミコ at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生 おはようございます。
先生の説明とても具体的で分かり易いです。
「みぞおちを突っ込む」が初めて聞く言葉でしたが、じっくり考えて実践しています。
この感覚とても分かり易い!
「ボールを肩甲骨で挟む」が難しい〜と言うか、体験出来ない、、でいます。
ボールの大きさにもよりますか?
お忙しいところ、ありがとうございます。
続きも楽しみですが、お体お大事になさって下さいませ。ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年11月28日 08:13
笑美さん、こんばんわ。

「みぞおちを突っ込む」ってちょっとすごいですか?
私は最近レッスン中になると人格が変わって戦闘的になってしまうのです。

ちょうど胃の辺りがぽこんと飛び出していますでしょ?
そこを斜め上にめりこませるのです。
かなり力が要りますよ。

肩甲骨の間にボールを収められるようになるまでは、時間がかかりますよ。
頑張ってくださいね。
Posted by キミコ at 2012年11月28日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304063878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック