2012年11月28日

肋骨を広げる 2  注意事項加筆

ルンバ.jpg

昨日の記事に続きます。

ボールが背中にめり込んで、かなり苦しいと思いますが。

トレーニングの方法がわかったら、肋骨を横に広げながら持ち上げると同時に、
両肩先を床に近づける努力をしましょう。

(「〜〜するよう努力をする」という慣用句は私が通っているジムの
トレーナーさんの口癖です。笑)

こうすることで、大胸筋のトレーニング、そして肩甲骨の間にある
菱形筋の何よりのトレーニングになります。
非常に苦痛です。頑張ってくださいね。

感覚としては背中からボールを突き上げられるという感覚、
同時に腰が上方に引き上げられている事の両方が必要です。
この感覚が歌っているときに胸を広げ、体を上に引き上げる感覚を
作るのです。

しっかり書き忘れていました!

肩先を床に近づける時ですが、生徒さんたちを見ていますと、
肩先を横に広げるどころか、肩をすくめる動作を使ったりする人もいます。
肩先の感覚は持ち合わせていない人が相当数存在します。
日本人は特に肩先を前方に丸めるくせを持っていますからね。
感覚としては首を長くする事でしょうか。
よく自分の動作を確認されることをお願いいたします。


続きます・・・・
posted by キミコ at 17:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生こんばんは
注意事項加筆ありがとうございます。
肩甲骨を寄せようとすると、どうしても、肩が上がってしまいますよね?ヨガでも首を長くと言われていますが・・肩甲骨を寄せて首長くって、中々難しいものです。腹横筋もしっかりしてないと、駄目?ですね?

8日の一歩踏み出して声を出す、もメチャクチャ難しい〜!!
一歩踏み出すと、鳩尾がもう脹らんでしまいます。これは、無意識にここに、息を吸ってしまうのでしょうね?

肋骨を広げて、歌っているつもりになっていても、身体が固くなってしまい、胸を広げて高くしていても、ただ、反り腰になっていて、おっと恥骨恥骨、骨盤少し後傾・・って、もう、歌は進んで行ってます・・・。
脳の閃きは、光よりも数倍早いというのに〜

今は、中二階の意識と恥骨の意識とまん丸お月様で、身体の観察をしています。
Posted by 笑美 at 2012年12月09日 20:03
笑美さん、こんばんわ。
いつも暖かいコメントを寄せてくださって心強い限りです。

書いている事を読む限りはなーんだ!という感じでしょうが、
いざ実行するとなると笑美さんのようになるのです。
身体って全然自分の思い通りに動いてくれません。
だからこそチャレンジのやりがいがあるってものです。

私がここまで来るのに何年もかかりました。
それをいとも簡単にやりこなせたら、私の立つ瀬はありません。笑
千里の道も一歩から!
頑張って少しでも前進してくださいね。
Posted by キミコ at 2012年12月09日 21:17
キミコ先生 おはようございます。
昔から、胸広げて〜息を深く吸って〜「スッスッス〜・ハッハッハ〜」背中にも息を入れて〜・・・・頑張ってやっているのにな〜・・・でした。
肩甲骨やら、太もも鍛えやら、ふくらはぎやら、足底やら、そへやら、まして、恥骨・骨盤の前倒・後倒、大好きな中二階等等、まだまだ沢山の身体を使っての歌唱法・・良くぞ気が付いて下さって、自分だけのものにしないで、ブログに載せてくださいました!
ヨガにいってもただポーズを決めるだけでなく、自分の観察!と勉強になって、コーラスでも、肩下げて〜と言われれば、オット肩甲骨下げて・・、もっと身体を使って〜と言われれば、臀筋・腹横筋・背中・そへ・鳩尾遠くへ・・姿勢を正す時に一瞬で考えられるようには、なってきました。後は、そこの筋力アップを毎日の積み重ね・・・。丈夫な身体を頂いて、両親に感謝しながら、こんな凄いことを教えてくださっているキミコ先生に感心しながら、感謝を込めて、やっています。
ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年12月10日 08:20
先生お忙しいのに、すみません。
今鏡をみながら、唇プルプル(コーラスの発声で最初にしています)をしながら、鳩尾を手でグット押してみましたら、自然と骨盤後ろに倒れて、恥骨が前に出ています。姿勢も良くなって・・・「鳩尾を突っ込む」ってこれでいいのでしょうか?あとは、手でおさなくて出来れば・・? 変ですか?
お忙しいところすみません。
Posted by 笑美 at 2012年12月10日 08:37
笑美さん、こんにちわ。

その通りですよ。みぞおちを押し込むと骨盤後傾します。
でも私が狙っているのは、胃の部分がぐっと引っ込むことです。
その力で上半身を引き上げる事が狙いなのです。
腹横筋が活性化されますからね。
押し込むことで肋骨も開きますし。
初めは手で押し込まないと感覚がわかりませんが、
そのうちに身体がその加減を覚えるでしょう。
その日まで頑張ってくださいね。
Posted by キミコ at 2012年12月10日 13:15
ア〜 鳩尾より、胃を押すと、確かに肋骨は広がりますね!これを、腹横筋が自由に働いてくれたら・・息も勝手に広がった分入って来る、と言う寸法ですね?
身体が固まってしまうから、腹横筋が自由に動けない・・?だから、息が自然に入らない・・・。
ウ〜ン 前面の動きを背面の筋肉が助けて、それを、しっかり、足、腰で支えて・・響きの当て場所も考えながら、表現もして・・
歌うって大変ですが、これが出来たらどんなに素晴らしいでしょうね〜
一歩一歩の積み重ね!楽しみです。
いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年12月10日 19:47
笑美さん、こんばんわ。

多分笑美さんの思っている「みぞおち」と私が思っている「みぞおち」は違いますね。
胸骨の真下の辺りで、手で触ると骨がない部分を称して、
私が「みぞおち」と呼んでいる部分です。
腹横筋は運動しようとすると、一番先に反応する筋肉です。
先に腹横筋を意識しないと、身体は固まったままですよ。

どんどんトレーニングをして、まずは楽器を作ってください。
どんなに考えた表現法が素晴らしくても、楽器が貧弱では話になりません。
どちらかというと、声はちゃんと後でついてきてくれますよ。
それを楽しみに仲間の皆さんと筋トレしてくださいね。
皆様にもどうぞよろしく。
Posted by キミコ at 2012年12月11日 00:22
いつもありがとうございます。
楽しみです。
Posted by 笑美 at 2012年12月11日 08:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304242211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック