2012年11月29日

肋骨を広げる 3

ブラスバンド(米).jpg

昨日の記事に続きます。

1,2で息を吐く方のことは何も書いていませんでしたが、
ここで初めて出てきます。

両肩先を床に近づけるようにして、無意識に息を吸ったら
(意識しない方が歌うには有益です。)
今まで肋骨に手を当てていたのを、下腹に移します。
おへその下辺りに両手を移して、息を吐くときに下腹の肉を
引き上げるようにして息を吐きます。


そうすることによって何が起きるか・・・・

肋骨を引き上げていた時点では骨盤前傾だったことはお分かりですよね?
今度は息を吐くことによって、骨盤後傾になります。
今まで引きあがっていた腰の反りがなくなって、床に腰全体がべったりと
着く事が観察されるのではないでしょうか?

下腹の肉を引き上げる事で、益々骨盤後傾が促進されますね。
つまりこれは以前に書いた恥骨は便利と同じ事なのです。

私は最近ピラティスのスタジオに時々入るようになりました。
かつて何年か前までは入っていたのですが、時間が合わなくて遠ざかっていました。
久しぶりに入ってみて「インプリント」という言葉であっと思いました。
「恥骨は便利」と発見したつもりで、実はその何年か前の時点に獲得していて
言葉は忘れていても無意識に身体が反応したのでしょう。
身体は本当によく覚えているものだと、思わず苦笑しました。

歌う時にはこの骨盤後傾をわずかですけれど使います。
なぜわずかでよいのかというと、おへそとみぞおちの距離が
縮まっては困るからです。
既に理解されているとは思いますが、おへそとみぞおちの距離が縮まる事は
すなわち横隔膜が上がる事を意味します。
横隔膜が上がると肺が縮まります。それでは呼気は保持されません。

肺を広げて、なおかつ骨盤後傾ってすごく矛盾した動作です。
実際に実行されるとおわかりでしょうが、筋力が必要だと痛感されることでしょう。
特に腰が引きあがる力が相当に必要です。
そのためにこの苦しいトレーニングが必要だし、実際にやってみると
どれほどこのトレーニングが有効かご理解頂けるでしょう。

下腹の肉を引き上げるという動作をマスターされると、
腹筋のトレーニングが正確にできるようになります。

この項終わります。




posted by キミコ at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生 おはようございます。
先生、この「肋骨」シリーズは、今まで先生のブログで初めて知った事、素晴らしい実践の成果が試される・・・。と感じました。
またスタートからじっくり読み直して実践をせねば!と少しずつ戻って読ませて頂き実践してみると、全部繋がっているのです!ね!
ここができていないから、これができないのか〜・・・・がよく分かります。
またまた新たな決心が湧いてきて、ゾクゾクしてしまいます。
時間を掛けて良く観察して、嬉しい報告ができますように〜
ウ〜 ドキドキしてきました!
ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年11月30日 08:25
笑美さん、こんばんわ。
これは全てジムのトレーナーさんのメニューです。
それを私が使えそうなことを取り込んでいるのですが、歌うことはまさに
日常に密着していることを痛感します。

そう!全て繋がっているのですよ!
私が試行錯誤しながら積み重ねた記録ですから。
だから書いていることは一見ばらばらですが、
まとめてしまいたくないんです。
まとめたら読者様は全然頭を使わずに、スルーされる事が予想されますから。

でも笑美さんは素晴らしい方ですね。
これを読み直す気力をお持ちなんですから。
読み直すだけでも膨大な時間がかかるのに。
いつも力強いコメントをありがたく思っています。
値打ちのある楽器を作るには、それ相応の時間が必要です。
笑美さんが素晴らしい楽器になれますように。
楽しみに報告をお待ちいたします。
Posted by キミコ at 2012年11月30日 22:17
キミコ先生 おはようございます。
そうなんです、過去記事を読ませて頂いて、こんなに親切に書いて下さっていたのに〜・・が沢山出てきて・・・・
でも、今だから実感出来る、と言うことですね?
このブログから受けた悲鳴(?)に似た嬉しい衝撃がまた甦ってきて楽しいです。
どうしても、分からないところでは、質問させてくださいませ。
いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2012年12月01日 08:06
笑美さん、おはようございます。

後で身体が出来てきて、やっとわかることも多いかもしれません。
いずれにしてもとっつきの悪いブログですから。

身体の中の探検は尽きることがありません。
いつまでも楽しんでいます。
そんなお仲間が出来てとてもうれしいのです。

いつでもできる限り質問にはお答えしますので、
ご遠慮なくどうぞ。
Posted by キミコ at 2012年12月01日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック