2013年01月07日

おめでとうございます

花束.jpg

私も無事に2013年を迎える事ができて、こうして皆様に年頭のご挨拶を
するのも7回目となりました。
最近は更新もまれなブログになり果てましたが、これでも毎日覗きに来ています。
決して捨てているわけではありませんので、皆様もお見捨てなきように。

昨年の後半の記事は肋骨を広げる事のオンパレードでした。
それでちゃんと確認しておけばよかったのですが、
歌唱時の呼吸は「腹式呼吸」ではないのです。
いえ、半分は当たっていますが、ちょっと違う・・・

「腹式呼吸で教えます」とか、生徒勧誘の時に書いてあるのを見かけますが、
なんだか大丈夫かなと思います。
もちろん正しく教えてらっしゃるにしても、宣伝にはそんなに詳しく
書いていられないという訳でなら、それもアリかと。
でも生徒さんに聞く話では以前の教室では「お腹をいっぱいに膨らませて、
思い切り口から吸いこんで」と習ったそうです。大汗

腹式呼吸は吸う時にはお腹を膨らませますが、これでは身体を引き上げる事は
出来ないのです。
第一これだけでは肩甲骨を動かすことはできません。
肩甲骨が動かないということは、すなわちその裏側である肋骨が広がりません。
横隔膜を下げることはできても、肋骨を横や、前後方に広げる事がなければ、
肺は完全に歌唱時に機能させることはできないのです。

胸式呼吸と腹式呼吸、つまり横隔膜呼吸が一体化したものが発声のための
呼吸と言えるのです。
ということを、昨年の記事で強調するのを忘れていたのです。

歌うためには歌える身体をまず作る事!
今年もあなたの身体と仲良くなれることが大事ですよ!


posted by キミコ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 呼吸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生 こんばんは
昨年暮れから松の内が明けるまで、実家におりまして、明けてからばたばたと、全ての務めを果たしてまいりました。
今年も宜しくお願いいたします。
早速ですが、丹田の意識を常に持つ・・は
とても役にたちました。腹筋など出来ない環境にいても、丹田の意識で胸高く、お腹引っ込め、背筋伸び、顎引っ込め、肩甲骨の意識も持て・・・
帰りの電車でも、すっと へそ・そへ仲良く胸高く・・・で姿勢を保つのに、疲れが出ません。 凄いですね!
それと、「腹式呼吸でお腹を膨らます」は定説なのでしょうね、中々クセがとれませんでしたが、キミコ先生が息を吸う時はお腹膨らませない・・と教えて頂き、また、ストローをお腹に差し込んで吸う感じ・・と教えて頂いてから、成る程、こうすれば、胸高くできるな〜と嬉しくなりました。
一日中丹田を意識する・・は、いろいろな事に繋がっていきますね。
今流行りの「ロングブレス」も簡単に出来てしまいますね。
一つ歳を重ねましたが、身体を鍛え(?)観察して、今年も大好きな歌が上達しますように、頑張って行きますので、
宜しくご指導お願いいたします。
Posted by 笑美 at 2013年01月12日 22:15
笑美さん、こんばんわ。
昨年中は沢山のコメントを頂戴して、感謝いたします。
今年もどうぞよろしくお付き合いください。
2つの家庭のかけもちご苦労様です。
どうぞお疲れが出ませんように。

人間本来の姿勢を保つと疲れが出ませんよね。
それを保つ筋肉が出来ていれば、これほど楽な姿勢はありません。

「ロングブレス」少し前に出ていましたね。
今またよく聞きますが・・・
多分突き詰めていけば同じ結果を得られたんだろうと思います。
きっと必要とされているから流行っているんだろうと思います。
でもまさかこれが、歌う筋肉を作るのと同じとは、
そこまでは思い至る事はありますまい。笑

私も笑美さんと同様に一つ年を取りました。
そして私も去年と同様、今年も仕事に邁進いたしますわ。
今年も皆様のお役にたてるように頑張ります。

Posted by キミコ at 2013年01月12日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312025066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック