2013年01月20日

どこまで行けば終点?

a1180_006923.jpg

先週から仕事を始めているのですが、早々にまた発見をしてしまいました。
これでもう大丈夫!と思う間もなくなんですよねえ。
本当にため息が出てしまいます。

70代の生徒さんが声を出すのを見つめていました。
もう入門7年目のいわば中一生なんですが、いかんせん身体が固い。
これはどうしようもないのですが、それでもよく努力をされています。
肋骨を動かすという事もほぼ理解されているので、確かに以前より
胸は高くなっています。

でも私の体の動きと何かが違う!
上には動くけれど横に広がらない・・・
肋骨を動かせるのに、なぜ横に広がらないんだろうと、
この方の胸の動きを見ながら考え込んでいました。

観察を続けていると腋の動きが小さいから、
横の広がりがないのだという結論に達しました。
片方の手で反対側の腋に触って斜め上に持ち上げる動きを
指示しました。

そうすることによって、胸は持ち上がり、みぞおちと
おへその距離がいやでも空きます。
肋骨も広がってその中にある肺は益々広がります。
肋骨の広がりで前後の胸腔は空くわけですが、横に広げる事で
左右の広がりも出るわけです。

声は当然身体に厚みが出ることで深い声が出ました。
一度もこの方からこんな声は聞いたことがありません。
やった!と思いました。

続きます・・・



posted by キミコ at 15:20| Comment(11) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生こんばんは
肋骨を広げる・・はやはり難しいです・・。
今歌っている曲で、短い言葉で、直ぐ休符があり、どうしても、ぶつけて歌ってしまい「あそぼ!」となってしまい。「あそぼ〜」が出来ませんでしたが、一歩踏み出しで練習して、歌いましたら、OKがでました!
それと、変な質問になりますが、指揮者が「暗譜が出来たら、横の人の声を聞くのではなく、前に出た声に合わせましょう」と言われ、イメージして歌いましたら、自分の声が見えたのです・・。あれ?これって何?と不思議に思い、キミコ先生にお聞きしたいと、コメント欄にお邪魔しました。変な件ですみません、御用がお済みになってからで結構です〜
Posted by 笑美 at 2013年02月07日 22:16
笑美さん、おはようございます。
やはり成果が出ましたか!
とてもうれしいです。
前鋸筋の感覚が掴めたら、歌うことがとても楽になると
私の生徒さん達も言っています。

私も広い場所で歌っていると、前方で自分の声が見えてきますよ。
不思議ですけれどね。
自分の声が自分の口からではなく、
他の場所で聞こえる感覚は奇跡を見ているようです。
体感出来てよかったですね。
Posted by キミコ at 2013年02月08日 07:39
キミコ先生おはようございます。
スゴ〜イ! この現象は、良い方なのですね?  嬉しいです〜 キミコ先生のお陰です!ありがとうございます。
何年も、自分の口の周りで、声がウロウロしていて、自分の声を聞き過ぎるからかな〜?と、イライラ・・していて、息でフッと吹きたいくらいだったのです。
いよいよ、10日は松方ホールで演奏です。
ドキドキしてしまいますが、キミコ先生に良い報告が出来ますように、今日明日も身体作りがんばります!。
いつも温かい応援ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2013年02月08日 08:19
笑美さん、こんばんわ。
そうですよ、良い方の現象です。
別に私のおかげではなく、笑美さんのたゆまぬ努力です。
質問された事が功を奏しました。

身体と対話する事を覚えるだけでも一生の財産です。
まして声を獲得できれば、まさにセレブでしょう。
良い報告を心待ちにしていますよ。
Posted by キミコ at 2013年02月08日 22:17
キミコ先生こんにちは
昨日の演奏は、女性指揮者の会の会員の先生方の団の発表会でしたので、緊張しました。
会員の方がそれぞれ、氏名を記入して、感想を書いてくださいます。30枚以上ありました。アカペラ合唱団が少なかったからか、とても評判が良く、透明感あり、とか色々褒めていただけました・・。メゾパート(私達)の柔らかく暖かい声に好感が持てました・・。と書いて下さったのもあって、いつも目立たないパートなだけに、みなで、喜んでしまいました。
打ち上げの時、両隣で歌っていた方が、笑美さんの声スーっと前に飛んでいくのね・・。
と言われて、またまた、喜んでしまいました。(キミコ先生に感謝!です)
キミコ先生のお臍とみぞおち遠くへ、鳩尾突っ込む、で鏡を見ながらしていた時、横からみていたら、お尻の両方を、内側に寄せるようにしてみましたら、自然と骨盤が少し後ろに倒れた・・ように見えましたが、鳩尾とお臍の間隔を縮めないように、少しだけ、骨盤後ろ・・と言われておられましたので、この両方のお尻を内側に寄せる・・でいいのでしょうか? 
長くなってすみません。
いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2013年02月11日 12:56
笑美さん、こんにちわ。
そちらの合唱団はアカペラだったんですね。
無伴奏って技術がしっかりしていないと出来るものではありません。
評判がよくてよかったですね。

確かにメゾパートは目立たないのに、聞いて下さる方たちの耳が肥えていたんですねえ。
そんなお褒めの言葉はそうは聞けませんよ。
団員一人一人の意識の高さが、実を結ばせたんでしょう。
おめでとうございました。

まさにその通り!
お尻を内側に寄せる感覚は骨盤後傾を助けます。
最近私がレッスン中に使うフレーズは、
「尻尾が生えていたとして、それを内側に引っ込める」です。
それと同時にひざも曲げていらっしゃいますか?
ひざが使えないと後傾は無理ですよ。
Posted by キミコ at 2013年02月11日 16:23
キミコ先生 こんばんは
ありがとうございます。
お陰様です〜嬉しいです。

膝・・がまだ・・硬いです。
まだ、筋力ができていない?・・ですよね?
太ももの裏のトレーニングで足ブラブラで、膝柔らかくできますか?
中々むずかしそうですね。
また、宜しくご指導おねがいいたします。
もっと、頑張りたいたいです!。
Posted by 笑美 at 2013年02月11日 22:25
笑美さん、こんばんわ。

いえいえ おかげさまじゃないですよ。
あくなき追求が実を結んだという事で、
私はただの触媒みたいなものだと思います。
ああ・・・私、今日は冴えてる!これは名言ですねえ。

ひざですか?
全く気にしていませんが、バランス感覚とかかとに体重が行かないようにだけ気を付けていますよ。
何しろ上半身の圧力が半端ではないですもの。
膝で圧力を吸収してやらないと、腰が壊れます。
大腿直筋と大腿筋膜張筋のマッサージもお忘れなく。
この二つの筋肉については検索してくださいね。
Posted by キミコ at 2013年02月11日 23:16
キミコ先生
おはようございます。
こんなにラリーが続いてありがたいです。(嬉しい〜)
早速、ユーチューブで見ました。
ヨガで膝裏伸ばしとして、ゴムベルトを使って寝て直角に足をベルトで引っ張ります、その次、内側に直角に倒す・・で、引きつってしまうので、サボっていましたら、これが、大腿筋膜張筋を鍛える・・でした。(サボらないようにします・・・)
足指しっかりで立つと直ぐ膝にも力が入ってしまいます。太ももの筋力や上半身を支える筋力もないから、膝に力が入ってしまうのですね?
全部繋がっている・・が良く分かりました。
あ〜道は遠い・・・ですね〜
積み上げて積み上げて一歩一歩と、キミコ先生のお声が聞こえてきます〜。ありがたいです。
こんなに、ご丁寧にご指導頂きありがとうございます。キミコ先生に良い報告をしたい!と思うと、元気がでます。
いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2013年02月12日 08:34
笑美さん、おはようございます。
さっそく検索されたんですね。
自力で検索されるとどんどん問題が掘り下げられ、
強く印象が深まり、それが自分の力になりますね。
ネットはありがたいなあと心底思います。
鍛えることも大事ですが、しっかり休ませないと鍛える意味もないなあと、年上の生徒さん達を見て思います。
頑張り至上主義世代なので、休むことは悪い事と刷り込まれていますから。

休むことは次の活力につながるのですが、これは意外に鍛える事以上に難しいなと思います。
私もついやりすぎてしまうんですよね。
反省です。
楽しみながらステップアップしていって下さい。
Posted by キミコ at 2013年02月12日 10:36
キミコ先生 
お忙しいのに、沢山ご親切にありがとうございます。

楽しみながら・・・はい、楽しみます!
本当に私達の時代は、真面目過ぎて、難儀な年代ですね〜。

周りの人達をも楽しませながら、がんば・・
楽しみます〜

Posted by 笑美 at 2013年02月12日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314432075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック