2013年01月22日

小胸筋も使おう

マダム・ヴィオレ.jpg

昨日の前鋸筋の動きがわかりましたか?
それが理解できたところで、小胸筋も使ってみましょう。→こちら
大胸筋の奥にある骨に直接ついている筋肉ですね。
前鋸筋と小胸筋はとても仲良しです。
日本人は小胸筋が委縮している人がとても多いですね。
やはり繊細で気を使う国民としては、どうしてもここを
活性化できないのでしょう。

え?なぜかって?
小胸筋を縮めると、肩甲骨が上がってきませんか?
誰かに何か言われないかと、いつも緊張しているとこうなるのですね。
餌を狙う猫に似た体勢に似ていると思いませんか?
猫も餌を狙って緊張してるでしょ?
姿勢の良い猫っておかしいですものね。大笑

「肩先を床に近づけて」とこれまでにあちこちで書いてきましたね。
前鋸筋と小胸筋が使えないとこれは不可能ですもの。
男女ともに胸が豊かなのはプロポーションとして美しいものです。
歌える身体は日常も送りやすいし、体つきも美しくなるものです。

posted by キミコ at 21:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 身体・筋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生 こんばんは
前鋸筋・・漢字も・・。
凄い筋肉もあるものなのですね〜
お臍と鳩尾を遠くに・・と意識して、胸高く・・としますと、肩が上がってしまいます。一生懸命肩を下げようとすると、反り腰になってしまい、オットお臍とそへをくっ付けて・・となってしまいます。
このとき、小胸筋と前鋸筋が使えたら、胸高く、反り腰解消、となりますか?

今日のレッスンは2月の松方ホールで演奏も追い込みになって来ましたので、朝の10時半から4時迄、(歌うときは必ずたちます)ビッシリの練習が続きました(もちろん、昼食・休憩ありですが)
日頃の丹田の意識でお腹を引き締めたままでは、できましたが、どうしても、足をつっぱってしまいます。フクラハギと膝がつっぱってしまいます。
お腹引っ込めて、膝を緩める・・が出来ません。
息を吸う時のストローを突き刺して吸うで、大分声が安定してきて、息も長く続くようになり、響きも上に上がってきています。
(ICで聞くと音が嵌っています)
跳躍する音も恥骨は便利を用意して出すと、指揮者のOKがでます。
ただ、「お」と「う」が良く響いて、他の言葉の響きとにムラが有り、なんとかならないかな〜・・全部が「お」「う」のなかで響いてくれたらな〜と悩むこのごろです。
長くなりました。
今年も課題山積みです。
また、宜しくお願いいたします。
Posted by 笑美 at 2013年01月23日 21:25
笑美さん、こんばんわ。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

難しいでしょう?
生徒さん達もみなさん肩先が床に着きません。
それだけ身体がまだ未完成なんですよ。
でも、あきらめずに続けるとちゃんとできてきます。
言われてすぐ出来るという訳にはなかなかいきません。
私自身がそうでしたから、笑美さんのおっしゃることはとてもよくわかります。

笑美さん、ひょっとして歌う時にかかとに体重を置いていませんか?
その状態だと不安定なので、ひざどころではありません。
後考えられるのは、そり腰なのでひざが曲げられないとか、
股関節周りの不調かもしれませんが、
見えないので一概には私には言えません。

声だってむらが出来るのもよくわかります。
これも録音して覚えこむことが一番はやいですよ。
頑張って今年も少しでも上達してください。

Posted by キミコ at 2013年01月23日 22:07
キミコ先生 おはようござます。
今日は、ふくらはぎがいたいです。
反り腰気味になってしまうので、ウエストの辺りを引っ込めて「そへ」に貼ってあるバンドエイドを触って膨らますように(この辺の骨を後ろに出す)練習していますが、歌っているときは、夢中で・・・・。
足指でd
Posted by 笑美 at 2013年01月24日 08:15
キミコ先生 おはようござます。
今日は、ふくらはぎがいたいです。
反り腰気味になってしまうので、ウエストの辺りを引っ込めて「そへ」に貼ってあるバンドエイドを触って膨らますように(この辺の骨を後ろに出す)練習していますが、歌っているときは、夢中で・・・・。
足指で大地を掴むように、親指を中心にふんばり、太ももの内側をペンギン歩きの時のように引き締めています。
力を抜く、しっかり支える、の兼ね合いが難しいです。
鼻通が少しできるようになりました。(鏡を見て鼻穴の上辺りの柔らかい所をふくらむように練習しています)
鼻詰まりの声が少し解消してきています。
キミコ先生の教えをいろいろ実践すると、成果が少しずつでてきて、指揮者から、随分良くなってきています、がもらえます。
これは、本当に有り難いです。
いつもいろいろ沢山ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2013年01月24日 08:31
笑美さん、おはようございます。
素晴らしい実行力で日々精進されているお姿、本当に頭が下がります。
私も色々書く甲斐があります。

そり腰は本当に厄介です。
最近私自身もようやくマシにはなっていますが、骨盤後傾させると気持ちが良いという事は、
やはりそれが正解だと思わざるを得ません。
この前テレビで覚えたフレーズがあります。
「自分に尻尾が生えているとして、それを内側に巻き込む感じ」です。
これは生徒さん達によく通じました。
もちろん骨盤後傾の身体の使い方ですが。
その時に下腹の肉を引っ張り上げて、
みぞおちを突っ込む感覚です。
腹筋、背筋が改造途中だととても苦しいと思われますが、どうもその感覚だろうと思われます。

少しずつ自分が上がっていく感覚がいいですよね。
今年もはるか上を目指して精進してください。
Posted by キミコ at 2013年01月24日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314955548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック