2013年01月23日

歌う時に息を保っていられない人に (加筆)その2

156248193_180.jpg

ちょっと以前に書いたこの記事
改良を加えたのでお知らせします。

前回の「1、立位で一歩を踏み出すために片足を踏み出した瞬間に、
肋骨を横に広げ、なおかつ 「あー」と声を出します。」

これでは息を止めてしまうことに気が付きました。
片足を踏み出す瞬間ばかりに気を取られてしまって、
身体が緊張することに気が付いたのです。

そしてもっと大事なことは、拍子がない歌はないという事です。
すっかり拍子の存在を忘れていました。大失敗です。
それでこんな風に替えました。

初めの一歩を踏み出す前に「1,2,3,4」とカウントをして、
(動作を伴わずカウントだけですよ。出来れば誰かに頼んだ方がいいです)
「4」の時に1歩前方に足を踏み出し、肋骨を横に広げるとともに、
前鋸筋を意識するために片方の腋に違う側の手を置いて、胸の中央に向かって、
斜めにひっぱりあげつつ、次の「1」の時に「あ〜」と声を出して、
前方に歩を進めます。大きな声でなくてもよいので、
カウントを取ったままの速度で、声が続く限りずっと歩きます。
室内なら壁に突き当たったら、そのまま後歩きで戻ります。
もちろん方向転換されてもかまいませんよ。


慣れないうちは「4」のカウントと一歩がずれる事があります。
いい加減にしないできちんと揃うようにしましょう。
歩く速度は初めにカウントした速度を保つのが第一条件です。
これは拍を取る大事な練習にもなるので、他のメリットも大きいのです。

これはかなり効果がありました。
息と足並みをスムーズに揃えられることで、息を止める事もなく、
吐いている時間を長くすることが出来ました。

後は歩いている間に、上体がずり落ちてこないかが大事なところです。
これは筋肉への注意力と筋肉の存在の認識にかかっていますね。
少なくとも改良前よりは効果があると思いますよ。
うまく行かなければコメントをください。
一緒に考えましょう。

ラベル:呼気の持続
posted by キミコ at 22:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 発声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生 こんにちは、
「1・2・3」は足踏みで「4」で一歩前でもよろしいでしょうか〜?
そのあとの「1」でまた足踏みしながら、普通に「あ〜」と長く息が続く限り発声するのですか?
それと、「腋の下?いわゆる「くすぐったい所?を右腋だったら、左手でひっぱり上げる?・・・引っ張り上げるがどうしたらよいか分かりません。
想像力が無くて・・・・すみません。

お忙しいのにいつもご親切にお教えありがとうございます。

私は毎日が日曜日の年金族ですので、
キミコ先生の御用がお済みになってからで充分です。

いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2013年01月24日 13:09
笑美さん、こんばんわ。
御用を終えて帰ってきました。笑

いつも説明不足で申し訳ありません。
そんな風に疑問を書いてくださると、自分の至らなさがよくわかります。
有難いことです。
今加筆をしました。
これで大丈夫かと思いますが・・・

前鋸筋の項で書いたように、腕組みをしたら
腋にあたる場所の事ですが。
くすぐったいかどうかはわかりませんが、その場所です。
この書き方で大丈夫でしょうか?

何しろユーチューブなどでアップすれば済むのでしょうが、
そこまではしたくないので・・・
Posted by キミコ at 2013年01月24日 21:06
キミコ先生 こんばんは
こんなに丁寧に書いていただいてすみません。ありがとうございます。手とり足とり・・ですみません。よ〜く分かりました。
練習場のように広くないので、足踏みで・・なんて考えてしまいました。
そして、また、誤解していました。
自分で、息を出しつつカウントするのは、息に声を乗せるの練習にもなるな〜・・・なんて勝手に思っていました(汗)
歩きながら・・が大事なのですね?

良く観察してやってみます。
ありがとうございました。
Posted by 笑美 at 2013年01月24日 22:52
キミコ先生 こんばんは
早速我が家で歩いてみましたが、方向転換が多くて、気が散って・・・うまくできませんでした・・・。
仲間と集まった時にやってみます。
楽しく出来そうですね。
やはり、息が長く続くと指揮者の要求にも応えられやすくなりますよね、なんとしても、マスターしたいです!

いつもありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2013年01月25日 20:51
笑美さん、こんばんわ。
レッスン室だからこそ出来る事なのかもしれません。
誰かカウントしてくれる人がいると集中できると思いますが。
それに本来歩きながら歌うわけではないですしね。
拍子感を養う目的もあって歩いています。
私はレッスン室では方向転換をしません。
面倒なのでそのまま後ろ向きに戻っています。

要するに身体がある時間弾きあがり続くことが出来ればいいんです。
慣れれば少しは時間を伸ばすことが出来ると思いますよ。
お友達同士褒め合うと、上達度合いが早くなるそうです。
皆さんで一度お試しください。
Posted by キミコ at 2013年01月25日 22:04
早速のお返事ありがとうございます。
我が家でするときは、後戻りでやってみます。
「褒め合う」って大事ですよね、いい気分で応援し合う空気の流れるグループ作りをモットーとしています。
キミコ先生と価値観が合うところが嬉しいのです!
いつもありがとうございます。
頑張ります!
Posted by 笑美 at 2013年01月25日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック