2013年05月06日

肩甲挙筋も使おう

588913190981754314367ea73ed079f6.jpg

昨日書いた記事に関連するのですが、特に首を前に突き出す癖を持つ人にも
ぜひ読んでいただきたいと思うのです。
首を突き出して歌う癖のある人に
首の後ろを伸ばす
首を突き出して歌う癖のある人に 再び
首を突き出して歌う癖のある人に 続き
お久しぶりです
他にもあるのですが、上記の記事の中に他のURLも入っています。

何度もこうして首を突き出してはいけないと書いてきました。
ついこの間、ある健康体操のインストの見習いをしている生徒さんが
こんな質問をしてきました。
「寝ころんだままで、次の運動の指示をしたら、生徒さん達に声が聞こえない
と言われました。どうしたらよいのでしょうか。」

早速仰向けに寝転んで頂いて、すぐにわかりました。
だって・・・首を突き出していましたから。
あごを引いて、頭蓋骨の一番出っ張った所を床に着けて
ちょっと引っ張り上げるようにしながら、声を出してくださいと言いました。
たちまち部屋中に声が染み通りましたよ。

私は筋肉名を出して指示をするようにしているので、
この筋肉の名前をさっそく調べてみました。

   肩甲挙筋

今色々検索してみたらこんなページに行きつきました。

運動連鎖アプローチ研究会

ページをご覧になって頂きたいのですが、これは肩こりに直結する筋肉なのですね。
図がついているので、よくお分かりだと思うのですが、
首の骨に直接付随している筋肉です。
私が上で書いたように、そりゃあ首を引き上げないと声も通りませんよね。
だってこの筋肉は肩甲骨にも付随しているのですから。

このブログは肩こり解消を目的としているので、私のブログのように
発声が目的ではないので、当然何も触れられてはいませんが・・・・

生徒さんにこんなストレッチを試して頂きました。
ストレッチというよりも、自分へのしつけともいえるでしょう。

頭蓋骨の一番出っ張っている所と、首の骨と背骨を分ける、
首元の一番大きな骨(第七頸椎)の2か所をそれぞれ片手ずつで触ります。
第七頸椎を動かさずにしておいて、頭蓋骨を斜め前方に引っ張り上げるように
伸ばしてみます。
決して無理に引っ張るのではなく、骨と骨の間の椎間板の間が
伸びるようなイメージを持ってみます。

整形外科で首の牽引を経験された方はおわかりでしょうが、
非常に気持ちの良い感覚があります。
で、その気持ちの良い感覚だけを感じるのではなく、
肩甲骨が首の牽引によって、かすかに動くのを感じて頂きたいのです。
肩の上部、つまり僧帽筋上部が上に引き伸ばされますね。

肩甲挙筋と肩甲骨で引っ張り合っている感覚を確かめたら、
実際に声を出してみましょう。 あ〜で十分ですよ。
声が上に引きあがるような、意識の中の後部中二階が意識できれば正解です。
歌で使えるようになれば、声の響きが明らかに変わる事は請け合いです。
ラベル:肩甲挙筋
posted by キミコ at 21:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 身体と声作り基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キミコ先生こんばんは
本番を目前にして、素晴らしいプレゼントを頂いた気持ちです!ありがとうございます。日本語の歌を歌うと、その言葉に引き込まれたり、フレーズに抑揚を付けたりで、神経が身体から逸れてしまうことが度々あります。舞台では、特に・・・。そして、何時の間にか、顎が前に・・・・。
私の場合中二階から意識を離さない!頭に叩き込む!です。
それを、肩甲挙筋と肩甲骨の繋がりで助けてもらう・・これをすると、自然とお腹も引き締まり、胸も高くなりますね、そして、反り腰にならないように、お臍裏を膨らます・・・。忙しい〜・・   そして、持続・・。中々です。でも意識が保っていられれば、上手く歌えそうな気がします。
キミコ先生のプレゼント大事に持って舞台に臨みます!ありがとうございます。
Posted by 笑美 at 2013年05月07日 22:26
笑美さん、こんばんわ。
タイミングよかったですか?
それは素晴らしい!

先ほども生徒さんに「小さなお辞儀」を強要していたところです。笑
顎を下げるとお辞儀をしているようでしょう?
高音域を歌う時や、声を張る時にも有効です。
あれほど深い声がお辞儀をすることで出るようになるとは、驚きでした。

声楽の生徒さん達は自然と出来るので、
それをする、しないであれほど効果があるとは思っていませんでした。
ぜひマスターして頂きたいワザです。
Posted by キミコ at 2013年05月07日 23:01
キミコ先生 こんばんは
今日もコンサートの練習がありました。
「小さなお辞儀」っていい表現ですね〜
でも、ここを保つための筋肉がまだまだ出来ていないな〜と、つくずく感じて帰ってきました。
キミコ先生、ここを保って歌うは、本当に全身に気が回って、全ての筋肉の動きっていうか、身体を使って歌うが出来ていないと、駄目!が良く分かる!場所ですね。
日々の筋トレの積み重ねが物を言う・・・。
継続は力を信じて、精進精進してゆきます。
また、よりしくお願いいたします。
Posted by 笑美 at 2013年05月08日 21:25
キミコ先生 こんばんは
いずみホールでのコンサートはバルコニーにもお客様が入って下さるほどの大勢でした。
舞台リハーサルの時、しっかり身体の観察をしながら歌っていましたら、顎が勝手にカクンと落ちるのを感じました。その時目はグッと見開き奥歯高くしていました、頬骨辺りから、目じりの辺りに線が入った様に感じて、この線の入った所で目じりを上げて歌えば、顎が下がり、首の後ろが伸びる・・のかな・・?と嬉しくなりましたが、変でしょうか?この顎がカクンと感じたのは、今でも不思議な感覚なのですが・・・
宜しくお願いいたします。
Posted by 笑美 at 2013年05月12日 23:33
笑美さん、おはようございます。
演奏会の成功おめでとうございました。
いずみホール・・・素敵な会場での演奏会だったのですね。
ここが満員なんてすばらしすぎるでしょう。

きっと背中のラインが肩甲挙筋を使う事で、
きちんと引かれたのでは?
私の生徒さん達も勝手に目が開いて、顎が落ちて歌っていますよ。
きっと身体がそうさせるに違いありません。
よかったですね!
Posted by キミコ at 2013年05月13日 08:10
キミコ先生 おはようございます。
分かりました。顎下げよう、目を開こう、奥歯高く、・・と意識している内に、身体も応援体制に・・または、身体を意識して使っている内に、勝手に顎や目が指令通りに動いてくれる・・ですね?これですね!
まだまだ曲想等には、ほど遠いのですが、観察の楽しさで、益々歌が楽しくなってしまいます。
キミコ先生のお陰様で、もっともっと頑張れる気がムクムク湧いて来ます。
いつもお忙しい所ありがとうございます。
また、気が付いたこと質問させてくださいませ〜。
Posted by 笑美 at 2013年05月13日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック