2014年04月26日

ピアノ演奏での腕の痛みについて

8687932a19b1d43928db6fd800f6ca1a.jpg

前記事から3か月以上ご無沙汰をしておりました。
でも、ちゃんと毎日覗きに来ていますよ。

先日、私にとっては長年の疑問が解決したので、
ここに記そうと思います。

お困りの方の手助けになれば嬉しいです。

現在ピアノを始めて2年の、声楽志望の生徒さんが来ています。
この人はある健康体操のインストラクターさんなので、
すっかり身体は出来上がっていて、感覚も鋭敏で熱心です。
レッスンの度に、身体の使い方の研究発表会のようになっていて、
お互いに磨き合って、非常に有益な時間を持てているのです。

普通、ピアノの初心者は、腕と指だけで弾こうとしますが、
この人は身体の使い方を、横からちょっと言葉を添えるだけで
きちんと弾けるのです。(もちろん初心者なりですが)
私は身体からアプローチする教え方を始めてからまだ日が浅いので、
非常に興味のあるレッスンとなっています。

先日もどう声を掛けようかと、弾いている様子をじっと観察していました。
身体全体は動かせても、手首の動きは慣れないので
やはりぎこちないですからね。

以下、興味のない方は読み飛ばしてくださっても、差し支えありません。

八分の六拍子で四分音符、八分休符の連続パターンが
左手に出てくるのですが、手首を動かせないので、
丁度棒でピアノに触っている状態になっているのです。
そのために音に伸びがないので、音が切れる瞬間が直線的です。

初めの四分音符で手首を落として、鍵盤を押さえている間に手首が上がって行き、
八分休符で指先を集めて、その指先から水がぽとりと落ちるような形にして
鍵盤から手を上方に離すのですが、その次の動作であっと思いました。

その人は指先を下に落としたまま、鍵盤に戻すはずの所を、
わざわざ指先を上に向けながら、鍵盤に落としていきました。
その次の動作は、初めに戻って手首が落ちるのですが、
もう空中で既に手首が落ちてしまっているのです。

こうなると完全に手首が落ちたまま、次の鍵盤を押さえる事になり
ずっと堅い音の連続になってしまいます。
それを指摘すると、この人は言いました。


「だから二の腕が痛かったんですね。」

これは私には思いもかけぬ言葉でした。
というのは、大人の生徒さん達がよくこう言っていましたから。
大人は身体も硬いし、単に弾きだして日が浅いから、
そんな風に言うのだと思い込んでいました。
だって子供の生徒たちから、こんな言葉を聞いた事がなかったですからね。
それは子供は筋肉が柔らかいし、何しろ物まねの天才なので、
あっという間にそんな段階は脱していましたから。

腕が痛いという訴えをこれまでずっと見過ごしてきて、
本当に迂闊な事だなと、深く反省した次第です。

私もそれを真似してみました。
ピアノを弾く時のように、肘を曲げた状態で前方に突き出して、
手首を上方に反らせます。
なるほど!二の腕の外側のつらい事!胸の前や肩甲骨にも負担が来ます。
つまり腕にとってはこれは不自然なのですね。

この人とも話し合いました。
初めはこんな状態で腕が痛いので、その内にその痛みを回避しようと
身体が勝手に自ら正しい状態に持って行くのではないだろうかと。
まさか腕が痛いままで、何年も練習を続けられるものでもありませんしね。
私も大人の生徒さんが時間の経過につれて、腕の痛みに関しての訴えを
全く聞いた事がありませんから。
第一その不自然な状態では、美しい音は生み出せないですからね。


私が昔習った範囲では、先生は筋肉からのアプローチで教える事は
ありませんでした。
まして、身体を使うなんて聞いた事もなかったのです。
有難い事に私は発声のために身体を使う事を覚えて、
筋肉がしっかりついたら、ピアノの音も変わるんだ、
という発見をしましたから、ピアノの教え方もすっかり変わったのです。


この腕の使い方の発見は、一体生徒さんに対して、
どの段階で話せばすんなりと伝わるのか、という疑問が起こりました。
早すぎたら多分理解されないのではとも思うのです。
何しろピアノに対して何一つ情報の蓄積がありませんから、
あらゆる事に関して、その人なりに問題点が山積しているはずですから。


posted by キミコ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌以外の楽器に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395563859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック