2015年01月01日

おめでとうございます

a0728_000030.jpg

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします


もう長い間記事を書いていませんが、別にこのブログを止めた訳ではありません。
昨年も私はすこぶる健康に過ごす事が出来ました。
本当にありがたい事だと思っています。

体重は殆どこの1年間変わっていませんが、インナーマッスルが開発されているためか
体のサイズに変化があります。特にお腹周りが変わりました。
それと共に中臀筋も鍛えたので、お尻のサイズが変わって気を付けをすると、
腕の内側に当たる腰の感じが変わりました。
以前はバランスボールに座ると、目の前の鏡に映る自分の下腹がものすごく目障りでしたが、
ほぼ気にならないくらいになりました。(あくまで個人の感想です)

中臀筋を鍛えると、立ち続ける事が平気になります。
バランスが取り易くなる事で、転倒もしにくくなります。
確かに去年は、ジムのスタジオで転ぶことが皆無でした。

片足立ちが一番気安く取り組めるでしょう。
その時は下半身だけを意識するのではなく、肋骨がしっかり開いている事、
その肋骨を支える腹斜筋も一緒に意識します。
それと共に肩甲骨も降りているかも確かめます。
腕を肩の高さにまっすぐに広げて片足立ちが出来るようになったら、
腕を頭上に高く上げる、または両手を頭の後ろに置きます。
それができたらランジに挑戦です。
自分の体重を利用してするトレーニングは一番気楽に出来ますね。

もう一つ、去年生徒さんを見ていて感じる事がありました。
加齢に伴い、筋肉は縮まります。
それをあきらめないで維持する事!
年を取った分、丁寧に自分の身体をストレッチする事です。
それは自分と向き合う事に他なりません。

更にもう一つ、これは圧迫骨折をして長い事困っていた生徒さんが、
私のレッスンを受ける事で、相当身体を取り戻した後に、
整体を受ける事で、整体士さんが驚くほどの回復を見せた事です。
つくづくとその生徒さんが言いました。
「どんなに良いレッスンを受けても、身体が固いと効果は半減しますね。
以前にはこれほどの身体が伸びる感覚を感じた事はありませんでした。」

その通りですね。
私がどんなに工夫をしても、受ける側の身体の状態が悪いと、十分に声は出ません。
特に脊椎の圧迫骨折は致命的です。
この生徒さんは熱心に自分の身体と向き合う事で、相当戻したのですが、
やはり人の手を借りる事が大事だと思いましたね。

最近のこの生徒さんの声の伸びはすごいです。
観察していると、脊柱起立筋の動きが良くなって、それに伴って
肋骨がしっかり横に張るようになった事で、声が伸びるようになったのです。
今年もどう変化するのか大変楽しみにしています。

本気で歌と取り組みたい方、身体を変えたい方、
必ずこのブログで何かのヒントを得られるはずです。
今年もたゆまない努力を重ねてくださいね。
質問は必ずお返事致しますよ。



posted by キミコ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411636583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック