2011年01月22日

マッサージは大事です。

赤胆紅心.jpg

先ほど生徒さんが帰られた所です。

この方は肩回りの凝りがひどくて、きちんと腕が回りません。
それが気になっていたので今日はマッサージをしました。
案の定菱形筋が機能せず、肩甲骨もかなり固まっていました。
腋下周辺から肘の内側が突っ張って居るので、それで腕が回せなかったのです。
肩回りを固めてしまうと喉周りの筋肉も自由に機能しません。
だからこそ声を出すレッスンの前に身体を動かしているのです。

ついでに足先からのマッサージの方法も伝授しました。
この生徒さんにしたら初めての事だったそうで、
体中凝っていることを発見!びっくりされましたよ。
せっかくストレッチをしても凝りが定着していたら、
ストレッチも効果が薄いですからね。
筋トレだってしたくても痛みを伴ってしまったら
やる気も失せるでしょう。

ある程度の自分で出来るようなマッサージは覚えておいて
損はありません。
単に体中をなで回すだけでもかなり違いますよ。
身体を労る習慣を持つのは良いことです。

その後腕を回してもらったら、前回のように
不思議な肩回りの動きが改善されていて
私もほっとしました。


ところで、今年になって私の周りの年上の生徒さん達に
体調の不安を訴えられる方が多くなっています。
眼底出血とか乳ガンとか、メニエルとか・・・
入院するかもと言う「うたごえの会」の方とか。
とても心配です。

それにしても私より年上の方達は、無理を重ねることについて
平気な年代だからか、体調の悪さを我慢しすぎて身体を壊す。
そんな人が多いように思えます。
レッスン中でも痛みを堪え忍んでしまって、それが上達への道だと
思われている方も中にはいらっしゃいます。困ったことです。

筋肉をつけるには何歳から始めても可能だ。
最近でこそ常識となりましたが、毎日の忙しさにかまけて
それが出来ない人の多いこと!
でも、こう書いている私だってジムに行きだしてわかったことなので
絶対偉そうには言えないのですが。汗

自分の身体と仲良くする習慣をつけていたら、未来に起こるかもしれない病気を
防げるかもしれません。(未病)
ちょっとした自分へのケアがこの先の自分の人生を変えることに
なるのですから。

それを知らないで人生を過ごすのは怖いことだなと思うのです。

タグ:マッサージ
posted by キミコ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

生活の自己管理が歌を上達させる

709907338_243.jpg

私の友人から聞いた話です。

60代の男性演歌歌手ですが、メジャーな方ではありません。
現在独身だそうです。
それがその方、血糖値が300程あるんですって!驚!!

確かにマイナーとはいえ、プロ歌手なのでファンもいらっしゃいます。
それこそおつきあいもしなくてはならないでしょう。
そうなるとそのために食生活が荒れるのは当たり前ですね。
血糖値の値も知っている位ですから、きっとお医者様にも
掛かってらっしゃるでしょうに。

自分の健康を自分で維持出来ないって「自活」とは言えません。

厳しい言い方をしますけれど、これまでにも何度も書いたように、
歌う人は自分が楽器なのです。
体調の悪さはたちまち声に現れます。
ましてやプロ歌手ならば、自分を律することが出来ないのは致命的でしょう。

相当体調が悪いと、声は金属的な響きを帯びて伸びが悪くなります。
歌っている様子も何だかおかしいので、それとなくわかります。
第一歌う気がしないでしょうし、歌詞に同感もしにくいでしょう。

ストレッチや筋トレや発声練習だけが身体を作るわけではありません。
食事や睡眠だって楽器を作る大事な要素です。

歌うことは日常の延長だし、日常が声を育てます。
自分の身体を作る要素について勉強することは歌の練習以上に必要です。
歌うことを愛し、自分の声を育てたいならば、一見無関係なような気がするでしょうが
それはあなたの邪魔にはなりません。

あなたの声を育てましょう! あなたという楽器を作りましょう!

posted by キミコ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

身体が冷えていませんか?

グリーンローズ.jpg

6月とも思えないような気温が続いた後、長雨が続いて、晴れたと思ったら
恐ろしいほどの気温が続く毎日ですね。
いつの間に日本は熱帯地方かと思うような恐ろしい気温が続く国になったのでしょう。
私が子供の頃は、30度の気温でニュースになって新聞に載るほどだったのです。
地球の温暖化だけではなく、アスファルトの舗装とエアコンの普及が
原因だろうと思われます。

こんなに急激な温度差は誰でも体温調節機能を狂わせてしまうことでしょう。

生徒さん達も例外でなく、歌声に支障を来しています。

話を聞くと、冷たいものの飲み過ぎ食べ過ぎ、冷房のために身体を冷やしている、
睡眠時に身体に直接扇風機を当ててしまって、しかも布団を被らず
パジャマも肌を露出する半袖半パン。
目が覚めてみたら喉が痛い!
歌ってみると喉の腫れで金属的な音を伴う声で、乾燥のために絶え間ない水分補給。



なぜ喉の痛みが出るのかということに関しては風邪の意外な原因を参照してください。

風邪を引いてしまったら

風邪を引いてしまったら 続き
にも対処法を色々と書いていますが、お風呂を積極的に利用するのも手っ取り早いでしょう。
冷房で冷たい空気が下がってくるので、意外と足首が冷えています。
レギンスやレッグウォーマーがきっと助けてくれますよ。

汗を掻いたままで拭かないでいたり、着替えをしないとそれも冷えの原因です。
38度ほどのお湯にゆったりと浸かると、身体がゆっくりと芯まで温まります。
みぞおちから下の半身浴や、膝下までの脚湯やふくらはぎ辺りをつける足湯も
かなりの効果を発揮します。
少し顔が汗ばむ程度まで温めてみてください。
間違ってもシャワーだけで済ませないように。
何事にも「手っ取り早い」はあるプロセスを抜いている分、いつかはそのダメージが
自分を苦しめることをお忘れ無く。

身体を触ってみて、表皮がひんやりしているならもう一枚着るか、お風呂に浸かる。
足の付け根やお尻、おへその下がひんやりしていたら、内臓まで冷えているということです。
若いからいいわ!とそれを何年も何十年も蓄積させていると、必ず将来体調不良や
肌の衰えを招くことでしょう。
おへその下や腰の辺りに貼るカイロを当てておくと気持ちがよいです。

男性はまだ筋肉が太いので体感温度は女性とは違うのですが、それでも最近は
冷えている男性も珍しくないとか・・・
肩甲骨を動かすと途端に体温が上がります。手の上げ下げや大きく手の開閉をして
積極的に肩甲骨を動かしましょう。

と、まるで健康雑誌や新聞記事のようですけれど、歌う人にはこの時期を乗り切るのは
とても大変難しいものです。
身体という大事な楽器を、冷やさないで守って、夏を乗り切りましょう。

posted by キミコ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

双方向に引っ張る

ザ・ダークレディ.jpg

このブログを書き出してそろそろ丸3年になるのです。
初めは自分の持ってる知識だけで書いていましたが、こうして
書き続けることで検索することを覚え、多くを吸収する事が出来て
お陰で自分が何倍にも膨らんだようで嬉しく思っています。

もうこれ以上考えることはないだろうと思っていたら、
どんどん先が続いてきっと死ぬまで同じ事をいうのでしょうね。
今は喉元ではなく、身体全体に目が向いていますけれど、
それだってどうなる事やら・・・

さて、というわけで生徒さんと一緒に身体を動かしているのですが、
ストレッチというものは本当に奥が深いものだと感心しています。
形だけをマネする事で納得してはいけないのですね。
頭で理解するのでなく、自分の身体にしっかりと聞いてやることが
大事だと思います。

一つの動作だって引っ張るちょっとした角度や方向によって、
受ける感覚が全く違うことにまずびっくりです。
前の自分は一体何を感じていたのかと悔やまれますね。

何気なく人のマネをしているといつまでも悟ることは出来ません。
身体は正解を知っています。
すとんと気持ちの良さに収まって、ああこれが正解だと自ずと納得出来ますから。

手を頭上高く上げて背伸びをする動作をするにしても、単に上に
手を上げてるだけではだめなのです。
手は天に向かい、体幹部は地を意識するのです。
そうしないと伸びないということを完全に理解出来るようになりました。
「双方向に引っ張る」というキーワードを常に考えていると、
勝手に正解が導き出せます。

例えば頭の上に両手を置いて下を見るという動作。
首の後ろの頸椎をストレッチする動作なのですが、何気なくやっていると
単に首がだるいだけという動作でした。
これだって骨盤をしっかり立てて肋骨全体をしっかり下げて、
首は斜め上に引き上げるようにすると気持ちよさが理解出来ます。
単に頸椎だけでなくそれに続く脊椎にまで感覚が広がるのです。

これだって私自身が何気なくやっているようでは、生徒さんは何も
感じないで済んでしまうことでしょう。
ちゃんと動作を味わうという習慣がついていてよかったと思いました。

同じように、この前から書いている僧帽筋下部を引き上げる事だって
肋骨全体を引き上げて骨盤を下げるという双方向を意識出来なければ
真の意味で筋肉を引き上げることは出来ません。
それを保持出来る事は筋トレをしていなければ出来ません。

たった一つの事をするのだって、その条件を満たしてやれるようになるまで
出来るようになるまでが遠い道のりなのですね。
ただ歌いたいだけで始めたのにと思わないで、あなたの身体を
健やかに保つためでもあるのですから、どうぞ試して下さいね。
posted by キミコ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ロコモってご存じですか?

L・D・ブレスウェイト.jpg

この1週間で何度か見聞きした言葉です。
初めは何のことかさっぱりわかりませんでした。
検診を受けるために内科と整形外科を兼ねた近所の医院に行くと
ポスターが貼ってあって「運動器症候群」と書いてあったのです。
なんだか不思議な聞き慣れない日本語なので印象に残っていました。

元の言葉はロコモティブシンドロームというそうです。 
骨、関節、筋肉などの障害のために、要介護になる危険が高かったり、要介護になっていたりする状態がロコモティブシンドローム、
略してロコモです。
転倒・骨折などを起こしやすく、寝たきりになってしまうこともある
怖い状態です。

参照 生活ほっとモーニング

http://www.nhk.or.jp/hot/2009/08/05.html

平均寿命が延びたことで高齢者医療や介護医療も進歩して、新しい言葉も
増えてきた訳ですね。
やはり生徒さんに中高年の方が多いので、いやでも気にかかります。

いつも書いている通りですが、普通に生活出来る身体が無いと歌えません。
そのコンセプトを元にしてストレッチや筋トレをボイトレメニューとして
実施しているのですから。

これを読んで下さっている40代以前の方も人ごとではないのです。
生きていればいつかは「老人」となるわけですし、今から正しい知識を持って
自分の身体と向き合うことがこの症候群にかからない為の
第一番の大事なことでしょう。

上のURLを参照されるとわかることですが、いつも私が書いて
居るような事が並んでいます。
そしてそれは生活する上で最低限の事であり、歌うための最低条件でも
あるわけです。

私の最高齢の生徒さん達もレッスンから正しい知識を得て、
筋トレをとても意欲的に、かつ積極的に楽しんで居られます。
とてもロコモになれる身体ではありません。笑

放送を見てつくづくと思ったことは
寝起きも一人では出来ない、移動どころか排便も便器に座れないので
人の手を借りるという生活では人間としての尊厳さえ損ないますもの。
自由に動けるということは、楽しめるチャンスが一杯あるということですね。
歌う以外にも、旅行だってお出かけだってお友達と遊ぶのだって、
まずは自由に動けることが大前提ですもの。

確かにボイトレでは歌う技術だけをお教えしても十分ではあるでしょうが、
身体から作ることをしてこそが私の教室の存在意義だという考えは
間違っては居ない事が認識出来て満足でした。



posted by キミコ at 12:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

梅雨時の注意事項

500201227_72.jpg

今日も再び米山先生の御本からの引用です。

梅雨時での歌う人への注意事項です
多分歌う皆さんは色々ご存じとは思いますが書いておきますね。

コンサートホールや劇場の音響効果についての事ですが、
リハの時は客席に人が居ませんが、お客様が8割入ると
残響時間による音響効果は約1割減少するそうです。
それが梅雨や雨天の時は湿気の影響で(客の衣類や雨具などで)
音が吸収されてそこから更に1割残響時間が減るのだそうです。

歌う側としては湿度がある方が有り難いですが、
共鳴効果が悪いとなればこれも良し悪しでしょう。
適正湿度は50〜60%だそうです。

梅雨時と乾燥した季節、例えば冬などは湿度に留意しなければなりません。
歌手は自分の出す声が壁に反射して戻ってくる時間が短くなって
音も客席に吸収されます。
その為いつもの自分の感覚とずれが生じて力んでしまう事もありえます。


空調についても空気の乾燥と外気温との差に、十分注意する必要があります。
空調によって乾燥した空気の中で声を使うと、滞在時間が長くなるほどに
気道の粘膜が乾燥してきます。

しかも呼吸に必要な空気使用量は、声を使わない時に約250cc
だったものが、話し声で約3倍、歌う声では5〜7倍にもなるのです。

気道の粘膜が乾燥すると声帯表面はカサカサになって、その内
ひりひり感も伴うようになります。
声も左右の声帯粘膜のすりあわせが粘着性を失うためにしゃがれ声になります。

私は15年ほど前にプラシド・ドミンゴが京都でリサイタルをするのに
券を入手しました。
まさに真夏でしたが、どうせホールは寒い位だろうと少し着込んでいったら、
時間になると空調が切られて、まあ暑かったこと!
つまり上に書いた理由からなのですね。

温度の調節には敏感なそれらの施設は案外湿度まで配慮されていない
場合があるようです。
歌う人は十分に気をつける必要があります。

水分をいつもより多く摂っても、声帯から気管には直接回りません。
それより有効なのは蒸しタオルのようなもので鼻と口を覆って、
湿った暖かい空気を気管内に送り込むのが良いそうです。
ハンカチやマスクでも十分に自分の吐く息で湿度を補充出来ます。

次に配慮すべきは空気の温度差です。
一般に、鼻や口から気道に入ってくる空気の温度変化が
7〜8度以上になると、冷暖房の場所への出入りの時に、
鼻、口、喉の気道粘膜が赤くなったり、腫れたり、鼻水や
痰が出たり、突然声が出なくなったりします。
このためにもハンカチは大変有効です。
余りにひどい場合は突然失声状態を起こすこともあるそうです。
十分注意をして、少しでも快適な演奏をしましょう。


posted by キミコ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

変声期の話 その2

56618597_19.jpg

昨日の続きです。

「うまく指導すれば声変わりも早く、しかも軽く済むことが多い」
と引用しましたがその具体的な訓練法はどういうものなのか
再び続けます。

話す声の高さ(話声位)を男性らしく低くするためには
まず本人が出せる最低位の声を出させます。

身体や喉の緊張を解いて、出しうる最も低い声で単一母音
(どの母音でも良い)を出させます。

初めはうまくいきませんが、一瞬出る低音を目標として
何度も試します。

その内に連続して出せるようになるので、その母音以外の音も
同じように出す練習をします。

母音が全て出来るようになったらそれを全部連続して出す練習。

次にか行から同様に単一の子音、連続音、さ行、た行・・・と
全部の子音を単独で、連続で発音練習をします。

それが出来たら2音の単語、3音の単語、やがては文章の朗読
というように進めて行きます。

大変そうですが若い年代ですから順応は早いと思われます。

昨日も触れましたが、声変わりがスムーズに行かずに
悩んでいる人は意外に多いと思います。
この年代は精神的にもデリケートな時期でもあるので
内向的になったり、仲間からの「いじめ」の原因にもなるのです。

家庭や学校での上手な指導が必要であることに留意されて
すみやかに対応してあげてほしいと思います。
posted by キミコ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変声期の話

70843419_84.jpg

私は女子校出身者でしかも女姉妹しか居なくて
男性の声変わりというものに身近に遭遇したことがありません。
生徒さんとして声変わりの年頃の人に接したこともないので
私の中にはこういう感覚はすっかり欠落していました。

しかし前回に引き続き米山先生の本を読み進む内に
これは大変な思いをしている少年が存在するのだとわかりました。

余り人の文章を引用はしたくないのですが、ここは私の
防備録の意味合いも持つし、これを読む事で正しい認識を
持って頂ければ米山先生にも失礼ではないと思ったのです。
よろしくご理解下さいませ。


声変わりした少年はこの時期の特徴として
以下の自覚症状が挙げられます。

1 声がひっくり返る

2 地声と裏声が混じって話し声が安定しない

3 粘液が多くて痰が絡みやすい

4 声がかすれる

5 長く話をすると喉が痛い


これらは声帯が身体の成長と共に急に大きくなって
それまでの声帯の使い方では適応出来ないから起こることなのです。

また男性ホルモンが分泌され始め、自律神経の機能亢進によって
風邪の初期に似た症状が起こって3,4,5の症状が起きるのです。
体調が日々安定しない為に精神状態も良いはずがありません。
不安定でイライラするのもこのためなのです。


この時期は半年から1年ほど続きますから

日常の話し声をオクターブ低く誘導して早く慣れさせること

怒鳴り声や叫び声などの乱暴な使い方をさせないこと

長時間しゃべらせないこと


などに留意してやることが大事なことです。


『現在の学校教育では、この時期の生徒に対して的確に
指導出来る先生はごく一部で、殆どが自然現象だから
放置しても自然に変わると放置されているようです。
うまく指導すれば声変わりも早く、しかも軽く済むことが多いので、
家庭や学校での対応の仕方は大切です。
自身の精神的な不安感や、周囲の友人達のいじめの対象になることもあり、
私の臨床例でも患者さんが一人で悩んでいるケースが時々あります。』
タグ:変声期
posted by キミコ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

発声だけでなく・・・・4

m7.jpg

菱形筋はインナーマッスルと言われる筋肉に属します。
大菱形筋と小菱形筋(肩甲挙筋)に分かれます。


大菱形筋は、第2、3、4、5胸椎の棘突起から肩甲骨の内縁に付いて、
肩甲骨の内転と回旋の機能を果たします。
小菱形筋は、第7頚椎と第1胸椎の棘突起から肩甲棘までで、
大菱形筋と同様に機能しています。


発声時や歌唱時には、じっと立ってるだけという筈がありません。
つまり、ハードに動きながら発声したり、座った状態で歌ったり
する事もありますね。
いかに普段のレッスンの時のあの立位を活かそうとしても、正しい姿勢が
わからなくなっても当然でしょう。
そんなときに普段から背中を意識出来ていると話が早くなります。
つまり菱形筋という存在を覚えておけばよいのです。

体の前面に対しては意識するのは容易いし、散々気にしておられるでしょう。
でも背中を意識出来ていますか

実はこう書いている私も「菱形筋」(りょうけいきん)という
言葉自体は知りませんでした。
だから過去に書いてきたブログの中でこれに触れては居ません。

しかし、レッスン中は生徒さんに対しても、勿論自分に対しても
背中への意識を怠ったことは無いのです。

寝ころんだ姿勢の時には肩胛骨の頂上2点とお尻の隆起の頂点の2点
それらを結ぶと4点の長方形が出来る訳ですが、常にこの長方形を
意識して下さいとうるさく注意してきました。

ここの位置の保持と意識を持つことが発声の決め手にもなるのです。
(保持と言っても固定させる訳ではないです)

確かに大小菱形筋を意識的に収縮すれば、反対側の胸郭を広げる事に繋がりますね
そしてそれが横隔膜の動きを促進するはずなのです。

したがって、菱形筋の動きがスムーズになるようなメンテナンスが
必要ですね。
この部位は常に大胸筋の緊張を受けていて上背部の痛みの主な原因でもあるのです。
そのためには日頃の筋トレやストレッチも欠かせないでしょう。

筋トレの方法としては後ろ手にタオルを持ってタオルの間をぴんと張って
肩胛骨の間にしわを寄せたまま、肘を持ち上げたり曲げたりして下ろします。
肩こりの人には拷問のような筋トレですが、効果は絶大で
私自身も整体に行く回数が大幅に減りましたよ。

大小菱形筋のマッサージとストレッチング

マッサージはうつ伏せに寝て、肩甲骨の内縁を親指で深く押します。
次に、指が肩甲骨の下に入り込むように揉みます。
肩関節を内転させて肩甲骨が滑って移動するようにストレッチします。
つまり後ろ手に組んで肩胛骨の間にしわを寄せてその手を左右に揺らせて
ぐりぐりさせます。
posted by キミコ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

発声だけでなく・・・ 3

コピー 〜 Fig2-3.gif

舌骨について

舌骨は一風変わった骨で、人間の骨の中で唯一中空に浮いています。
舌を支える機能を持っていますが、多くの筋肉(外喉頭筋群)が付着しているのです。
外喉頭筋は舌骨下筋群と舌骨上筋群に分けられます。
写真を見ておわかりのように、この上下の筋群が舌骨を境に引っ張り合うのです。
(写真でご覧のように矢印がついていますよね)

上筋群が下筋群の力に勝てば、舌骨が上昇し、
舌根が上がってしまい共鳴腔が狭まってしまいます。
下筋群が上筋群の力に勝れば、舌骨が下降し、
舌根が下りて共鳴空間が作られます。

殆どの人はこの周辺を堅くして歌いづらくなります。


でもどちらか一方の力が強すぎる場合
喉そのものが上がりすぎて平らな声になったり、
下がりすぎて息の流れが阻害され発声が困難になったりするので
やはりバランスが大切です。
いつも活発で自在にコントロールできるようメンテナンスすることが
大事でしょう。

でもこの部位近辺は、甲状腺はもちろん耳下腺や顎下腺、
さらには頚動脈、リンパ節、神経叢が存在するデリケートな部分
ですから、痛みを感じるまで触らないで下さいね。


方法

写真を見ながら唾を飲み込む動作で確認して、喉仏のやや上に
硬い骨を探してみましょう。

親指と人差し指でつまんだり揺らしたり、この舌骨の上下の部位を
ゆっくりそっとマッサージします。

上に移動して、舌筋周囲のマッサージもすれば舌運動の反応性が
向上します。
posted by キミコ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

発声だけでなく・・・・2

214595597_111.jpg

今日は顎関節のマッサージとストレッチングについてお話しします。

昨日胸鎖乳突筋の筋膨張の結果顎関節症が発症することを書きました。
実際あごが硬いと口の開きが悪いために高音部が出しづらい、
あごが下に落ちないので声の質が硬くなるなどの影響があります。

参照記事
口やその周辺について

口の開け方 その他

あごの柔軟性再考

マッサージにより関節および関節円板の動きを滑らかにし、
発声時に共鳴腔を増大させて輝く伸びやかな声を可能にしましょう。

耳の穴の当たりに両手を持っていきます。そこを触ったまま
奥歯は離して口は閉じたまま鼻の下を伸ばします。
丁度口の中に何かを含んだように軟口蓋が持ち上がりますね。
指の下に変化がありましたか?関節が持ち上がりましたね?
その持ち上がった所を押さえてみて痛くありませんか?

両手の2、3、4指で顎関節の周囲を優しく揉みほぐします。

顎が垂直に降りるように押し下げながらゆっくりストレッチします。
これらを3〜5分続けると、顎関節がかなり柔らかくなりますよ。
posted by キミコ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

発声だけでなく・・・1

185213259_214.jpg

発声の練習や歌うトレーニングだけでなく、喉頭筋周辺の
簡単マッサージやストレッチングにより、効率の良い発声を
目指しましょう。
歌や声を披露する本番前や準備に役立ちます。

以下ネット検索の結果知ったことです。

一般的には喉に関連しないと思われていた胸鎖乳突筋の筋能力と
柔軟性が、歌唱に大変有効である事がわかったそうです。

胸鎖乳突筋が傷むと、何となく声が出しにくかったり、
すぐに喉が疲れてしまうなどの、声に対する不定愁訴的な症状が
出るのだそうで、

おそらく胸鎖乳突筋の筋膨張によって、この筋肉の下を走る血管が
圧迫され、血流量が減り、酸素や栄養素の供給も減少するらしく、
マッサージやストレッチを行った結果、
発声が楽になり、長時間歌っても疲れなくなったのだそうです。

位置参照胸鎖乳突筋について

顎関節症についてもこの筋肉が硬くなることが、上あごをずらせて
しまう事が原因で発症しているらしいそうです。
他にも迷走神経が通っていることで、うんと下方にある
胃腸にも関係して、調子を狂わせることもあるのだとか。
また神経的に緊張することでここが硬くなって、本人が気づかず
ストレスを蓄積させて思わぬ病気を発症させるとか・・・
(だから悩むと胃がおかしくなるのですねえ)


マッサージとストレッチの方法はとても簡単です。

1 骨から身を離すようなつもりでこの筋肉を軽くつまむように、
筋肉の全体をマッサージします。
(自分で気持ちよいと思う程度で良いのです。)

2 45度くらい首を横にひねり、下顎の角を上に向けることによって
ストレッチします。

posted by キミコ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

ウィルスに罹ってしまって

453912347_193.jpg

明日の「歌声喫茶」の曲を決めてほっと一安心です。
これからしばらく眠ろうと思いますがちょっと補足を。

ウィルス性の病気にはやはり安静第一でしょう。
それも目をつぶって何も刺激がないようにします。
熱のある時には身体が求めているので簡単に出来ますが、
熱も下がって身体も楽になってくると大変な苦痛です。
ついうっかりテレビを見たり音楽を聴いたり・・・

刺激が入ってやはりだめですね。
視神経は特に疲労がキツいようです。
聴覚だって私はうっかりと録りだめておいたモーツアルトの
MDを聞いてしまってグレングールドの見事な演奏に興奮して
眠れませんでした。
これじゃ安静とは言い難いですものね。 汗

アデノウィルスは涙からも感染すると聞いたので、清潔を心がけました。
実際今回は目の痛みがひどくて涙が止まりませんでしたので、
目は洗浄液で洗って、鼻は鼻うがいをして喉も消毒剤でうがいをして。
すると余計に痰が下りてきてその後とても忙しかったです。
勿論手洗いはアライグマも負けるだろうというほど徹底しました。
タオルもシーツ、枕カバーも寝間着も全て毎日替えました。

大体どなたも夜間それも深夜から明け方の寝入りばなに
咳がひどくなりますね。
体温が低下するのと空気が乾燥して冷えてくるからなのでしょうが、
あれですっかり消耗しますね。
私も昨夜もでしたが何度もうがいと水分補給に忙しい思いをしました。
鼻が冷えて咳を誘発するので、頭から布団を被って温度を保とうと
思いましたが、さすがに息苦しくて余計に眠れません。

どうしたものかと考えながら悶々としていましたが、ふと思い出して
濡れマスク」を実践しました。
最近のマスクは空気の流通が良いので余り息苦しくありません。
マスクをして内側にガーゼやティッシュを濡らして入れておきます。
触感としては気持ち悪いですが目覚める腹立たしさや苦しさに比べると
何とか我慢が出来ます。
実際そうした後何度か咳は出ましたがすっかり寝込んで朝を迎えられました。
もちろんマスクはしたままですよ。

他にもネブライザー(吸入器)を使ったりする事も大変有効です。
咽頭周辺は不潔になりやすいので皆さんも良い習慣を心がけてくださいね。

関連記事
風邪の意外な原因




posted by キミコ at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安静にしていました

c0070460_828233.jpg

先週の土曜日の明け方に気がついたら喉が痛くなっていました。
1時間ほどでこの痛みが消える時と後を引きずる時の2通りがあって
やはり悪い方に傾いてしまいました。
午前中から生徒さんが続いてどんどん声が出にくくなっていきます。
しかもいつものそんな日よりも疲れ方がかなりひどいのです。
嫌な予感がしていました。

夕方の生徒さんのキャンセルがあって救われたものの本当に
ひどい喉の腫れ方になって熱まで出てきました。
喉からの熱は大抵高いものですが、私はそこまで至ることは稀なのです。
こうなると以前に散々やってきたことなので、疲れから来ていることは明白です。
睡眠を取る以外はありません。
全ての家事を放棄してひたすら眠りました。

しかしいつもとどうも経過がおかしいのです。
土日月と続けて眠ったら熱も取れているはずなのに熱の上下がひどいのです。
火曜日のお昼の生徒さんもこなしましたが、安静にしていたことで
一時引いていた喉の痛みが倍以上になってきました。
覚悟を決めて水曜日の一番に耳鼻科の診察を受けてきました。


結果はアデノウィルスによる「咽頭結膜熱」でした。
やはり風邪は内科より耳鼻科に受診された方がいいですよ。
ファイバースコープで診断されて局所の断定をして頂けますもの。
鼻にファイバーを突っ込まれて気持ち悪いですけどね。
歌う時の要領で力を抜くことだけ出来ればどうってものではありません。

PCでアデノウィルスの検索をしました。

 「アデノ」とは扁桃腺やリンパ節を意味する言葉です。
アデノウイルスはその名のとおり、扁桃腺やリンパ節の中に
潜んで増えます。
概して潜伏期は5〜7日で、感染経路は便、飛沫、直接接触によります。免疫がつきにくいため何回もかかることもあります。

発熱・のどの痛み、眼の充血、目やになどの症状が出ます。
熱は、1日の間に 39℃〜 40 ℃の高熱と、 37 〜 38 ℃前後の
微熱の間を、上がったり下がったりが 4 〜 5 日ほど続きます。
その間、頭痛、腹痛や下痢を伴うこともあります。
しばしば、耳介前部および頸部のリンパ節が腫れます。
また、眼の痛みや充血、目やにが出たりもします。
特に夏には、プール後に症状が現れることから“ プール
熱 ”とも呼ばれています。

アデノウイルス感染症は、様々な症状を示す急性感染症です。
アデノウイルスには 51 種類の亜型があるので、何回もかかります。一般的に予後は良好ですが、しばしば乳幼児に重症肺炎を引き起こすことがあるので注意が必要です。
但し特効薬がないので対症療法しかなく、ひたすら安静を保つしか
方法はないようです。


あり得ないほどじっと横になって安静を保ち、レッスンのキャンセルをしました。
まず声が出にくいのでおてほんにはなれないし、第一感染するから
迷惑を掛けられませんからね。
かくしてお産の時以来、自分の病気で休んだのは初めてでした。


先ほど受診してきましたら、明日の「歌声喫茶」は大丈夫なようです。
さっそくリクエスト以外の曲を決めて、今日も寝ておくことにしましょう。



posted by キミコ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

気をつけてください

12903170_74.jpg


3月になって気温の変化が段々気になってきましたね。
花粉症もあちこちで出始めています。
以前にも風邪の事で書いた事がありますが、喉は気温の変化に
とても敏感な器官です。
それと共に適当な湿度もないとあなたの体はたちまちそれに反応して
喉の粘膜を守ろうと粘液を出し、痰として歌う邪魔をしてきます。
それだけでなく、粘液は刺激となり声帯を腫れ上がらせて
立派な風邪の出来上がりです。

ちょっとしたダメージがふくれあがって体の調子を狂わせます。
まずは冷たい空気を避けて喉の温度を一定に保つ事を考えましょう。
屋外に出る時はマスクをしましょう。
私も今日は出張レッスンで夕方から出かけましたがもちろん
マスクをしましたよ。
風が冷たくて手が凍えるほど冷えましたが、喉も鼻も温かいままで
無事に家に帰り着きました。

どうぞきめ細かい配慮で無事に暖かい春まで体を保持してくださいね。



タグ:喉の保温
posted by キミコ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

やっぱりメンテは必要です

323097549_160.jpg

まだ還暦には時間があるものの、やはり確実に体力年齢は
年々落ちています。
普段と少し違う事をしただけでその疲れが何日も尾を引くのには
閉口です。
「お年寄り」が閉鎖的になっていくのも実感出来る
お年頃となって参りました。笑

先日久しぶりに整体に行きました。
介護疲れとストレスで7年前お箸さえも持てないし、うつぶせになって
治療を受けられないほどの強烈な首の痛みも、2週間に1度の
中国整体が功を奏して、回復が早くなったので思いきって
1月間を開けてみたのです。

いつも同じ整体士さんにお世話になっているので、私の体については
その方が誰よりよくわかってくれています。
筋肉の付き方が随分変わってよい感じになってきたそうです。

バランスボール効果で姿勢を建て直し、インナーマッスルが
増量されているお陰か、めっきり肩こりや腰の痛みも和らいでいます。
確かに筋肉は使うので表面に凝りはありますが、回復は早いですね
と言われましたが、受けている私も体の痛み方がかなり
変わっているのがわかります。
以前なら大腰筋周辺がただ撫でられるように触ってもらってるだけなのに
段々痛みが増して逃げたいほどにつらかったのが無くなりました。

後、気になったのが声帯の引き下げ筋を使うお陰で、
首から肩を繋ぐ周辺筋肉を使いすぎてしまうのか、そのために
腕に負担がかかってしまうそうで、それで血流が悪くなって
腕だけは相変わらず寒いのです。
それに私はピアノを弾くために常に腕を上げ続けている訳ですから
これはどうしようもないようです。
やはりメンテで通わないといけないでしょう。

この整体士さんから沢山の体に関する知識を得ています。
この話を伺いに行くのも整体に通う楽しみの一つなのです。
posted by キミコ at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

珍しく筋肉痛でした

256190153_85.jpg

お正月の間休んだからなのか丁度先週にジムのピラティスに出て
その夜からひどい筋肉痛に襲われていました。

先週の月曜にここにバランスボールについて書きましたが、
翌々日にジムでじっくりストレッチをして、いつも凝り固まっている
右足と対峙しました。

右足はピアノのペダルを踏むために細かく足首を動かすので、
丁度膝の骨の斜め外側にある「足の三里」というツボが
年中かちかちなのです。
ここが硬いと知っている人は知っているのですが、ここは胃のツボなのですよ。
私の胃弱はここからも来ているようなのです。

そこの凝りのお陰で、足を床に投げ出して座って足首をゆらゆらさせると
決まって右足のどこかがぽきぽきと小さく音を立てるのです。
もう10年以上そのままで気になって仕方ない時は本当に気に障ります。

丁度その日もそれが気になるので徹底的にやっつけました。
そのお陰で今度は足が緩みすぎて翌日のピラティスの動作で
思い切り大腰筋を引き込み、臀筋と腹筋を同時に緊張させた途端に
あっと思いました!
すぐにその感覚は無くなったのですが、案の定足を引きずって
帰る事になってしまいました。

家の階段を上がる時に右足に体重が載せられません。
手すりにしがみつくように上がりました。
丁度お尻の真下が突っ張ってさっきほぐした箇所がまともに痛みます。
寝ると寝返りは打てないしちょっと体を斜めにするだけで涙が出るほど
股関節とお尻の下が痛みます。
痛みと足の裏の熱さで(これは電気敷布の所為)一晩中眠れず
本当にひどい目に遭いました。

翌日もその状態で予定していた事が出来ずでした。
体は一日寝る事を私に命じるし、逆らえないと私も思ったので
大人しく寝ていましたがまあその痛い事!
普段ゆっくりと動作を確かめるように行動する私には珍しい事でした。

整体士のお兄さんにも思い切り珍しがられてしまいました。
「痛い目に遭うとこの筋肉とこの筋肉は繋がっているのだと
嫌と言うほど感じますね。」
そう整体士さんに言いますと「それも良い勉強ですよ。」と返されました。
その後2日できちんと元に戻りましたが、足の筋肉の繋がりの勉強をするより
何も感じないありがたさの方がやはり嬉しかったです。

明日はまたピラティスなんですけどさあ私はどうなるんでしょうか・・・



posted by キミコ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

風邪を引いてしまったら 続き

302695354_214.jpg

前回は長くなったので稿を改めました。
もう少し書きますね。

うがい
塩入りのぬるま湯は喉を落ちつかせるし、声帯の痰を除きます。
コップの底に塩がたまるのは入れすぎですので注意です。
普段でも口腔衛生の為にもなりますし、血行も良くなるでしょう。

市販のうがい薬は口の中の細菌を確かに殺します。でもそれでは
唾液の存在が意味を成さなくなります。
『身体に余計な物』は自分の身体の持つ力で足りない時にこそ使うものです。
まずは自分の治癒力を高めましょう。

ハーブやお茶
上記の補助として有効だと思います。
レンコンやショウガが特に助けてくれることと思います。
私の参考書には
ヒドラスチス、薬用ニンジン、ラセンモ、アカニレ、ウイキョウ、
ガーリックカプセル(ニンニクですね)かんぞうの茎も上がっています。
健康食品店にお問い合わせ下さい。

他に
プロポリスは免疫を確実に高めます。
ビタミンCやビタミンBは風邪と闘う身体には真っ先に使われるものなので
錠剤で補給するのも大変有効です。

睡眠
最後にして最高の手段をご紹介します。無理にでも横になって下さい。
眠れば眠るほどあなたの治癒力は力を増すことでしょう。
身体がもう大丈夫とあなたに言うまで眠ることです。

風邪を引くことはある意味悪いことではないのです。
つまり身体は健康体に切り替わるチャンスなのですから。
要は長引かせないことです。侮っていると声を失ったり、
呼吸器系統に拭えないダメージを残すことが多いのです。
私はそんな人を何人も見ています。


posted by キミコ at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風邪を引いてしまったら・・・

46686753_224.jpg

ただ今!
今日は「歌声喫茶」の日で相変わらず神経を使ってしまいます。
何しろなんの曲が当たるかわからないんですから、楽しいのは楽しいですが
スリル満点でどきどきしてしまいます。

最近季節の変わり目で目、鼻、喉が少しナーバスになっています。
目と鼻を洗いますがそれでもくしゃみが出だすと、
最後には鼻水を垂らす次第です。
そんな風ですから帰ってきて喉の痛みに気がつきました。
丁度声帯付近が押さえると痛いですが気持ちが良いのです。
どうしても胸の筋肉を使うので逃れられない事なのですが。

多分鎖骨周辺や胸が凝っているのだろうと、こんな風な木で出来た
円錐形の「円盤」で自前マッサージをしました。(写真参照)
案の定すっかり凝っていて自分で身体を円盤にすりつけることで
もみほぐして今は痛みはきれいになくなっています。
こんな円盤は多分もう売っていないと思いますが、¥100ショップの
青竹踏みをお求めになってマッサージをされることをお薦めします。
身体は楽器なのですからメンテナンスは欠かせません。


閑話休題

風邪を引いたら風邪を追い出すしか手はありません。
医者の処方する薬は自己治癒力の助けでしかないことは
皆さんはよくご存じでしょう。
身体にとっての出口は、膀胱、結腸、毛穴、粘膜です。
身体をきれいにするのは早いに越したことはありません。
つらさを長引かせるのは賢明とは言えないですもの。

飲み物

飲み物は『毒素を尿を介して追い出すための乗り物』といえるでしょう。
声が嗄れているうちは渇きを覚えたらとにかく飲んで下さい。
なぜなら声の嗄れは『乗り物』が不足してるということですから。
但し何でも良いのではなく、新鮮な野菜や果物を搾ったものが最良です。
ビタミンCを含むオレンジ、 ナトリウムを含むセロリー、
ビタミンAを含むニンジン、熱を下げるキュウリやクランベリー・・・
と私の参考書には書いてありますが、まあご参考までに。

間違っても飲んではいけないのはアルコール飲料です。
喉の表皮を腫れ上がらせ、喉の渇きをいやが上にも促進するからです。

蒸気を吸い込む
身体にトラブルが起きた時に、まず水分を奪われる場所が喉です。
(だから私は何よりも喉の痛みを尺度にして、オカシイと思ったら
早く寝てしまいます。)
蒸気が通るとダメージが軽減されることは前回に書きましたね。
湿った空気を吸い込むと、肺にへばりついた粘液が柔らかくなり、
咳による二次的ダメージを軽減します。

シャワー
熱の高い人にお勧めはしませんが私の参考書は欧米人のものです。
つまり、熱がある時毛穴は開いている、それを促進するために
乾布摩擦をしてからシャワーを浴びろと書いてあります。
詰まった毛穴は確かに開きますが、日本人にはそんな習慣はありません。
まあ参考までに・・・
ついでに喫煙習慣を持つ人は積極的にやればよいそうです。

マッサージ
血液循環の促進として有効な手段でしょう。血管の流れを促進するし、
筋繊維から毒素を排出します。風邪を引くと身体が痛むのは
誰もが経験していることでしょう。
自分で気持ちよく身体をさすったり軽く揉むことは身体が喜ぶことです。
自分の身体と相談の上行われれば良いと思います。
最後にたっぷりと水を飲みましょう。

続きます・・・

posted by キミコ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

風邪の意外な原因!

粉粧楼1.jpg

昨日に続いて風邪についてもう少し調べたことをご披露しますね。

まず風邪を引いたら内科に行くよりは耳鼻科に受診されることをお薦めします。
なぜなら耳鼻科の方が風邪に関してはエキスパートなのですから。
何しろ風邪は鼻と喉の疾患なのですもの。
まして内科には行っても耳鼻科には行かない人も多いと思います。
必ず耳鼻喉のチェックをされるので、他に疾病があれば
同時に直してもらえるチャンスもあろうということです。

さてそれよりも何よりもまずは声という楽器を持つあなたの

免疫システムを強化

する事を考えた方が近道です。
何しろ風邪の特効薬はありません。
タミフルに頼ろうなんてまさか考えては居ませんよね?
何しろ風邪を引いたらたちまち声はトラブルを抱え込むのですから
そんなものを頼る事を考える事自体既にどうかしています。

風邪に掛かりやすいあなただとするなら、
とにかくライフスタイルをもう一度考え直して頂きたいものです。

私は今日は色々な本を手元に置いているのですが、意外にも風邪の原因として
ストレスが上げられているのです。
こう書いてあります。

ストレスはエネルギーを消耗させる
ストレスで身体がへばるという考えで頭がいっぱいではないか?
ストレスが多少あるのは仕方がない、こう考えることで
またそれがストレスの引き金になっている・・・
絶えずストレスに悩まされていると思う人は精神的プレッシャーを
軽減する本を読んで欲しい。」

次にこれまた意外にもこんな事が・・・

「人間は落ち込むとそれで健康を害することがある。
歌う人は自分の感情にとにかく敏感だからごく些細な事柄が
身体に過去の状況を思い出させて防衛本能を刺激することもある。
『またスランプになったらどうしよう』と考えるだけで
風邪は頭をもたげるし、過去の状況を思い出したのと同じ時期に
体調を崩すようになる。」

確かに歌う人は感受性が強い余りにこういう事はあると考えるに
値すると思います。
自分の声を大事にしたいが為に過剰に身体が反応するのは
間違いなくあり得ることでしょう。
自己分析を一度してみるのも悪くないかも知れませんね。

気温の変化、つまり季節の変わり目の時期も身体の免疫システムは崩れやすくなります。
常に急な温度変化に注意されることです。
冷たい空気は肺の気管支にショックを与えるし、汗をかく時期は毛穴が開ききって身体が弱っています。
その状態で急に冷房に身をさらすのは危険でしょう。

乾いた空気は冷たい空気とセットにして考えなければなりません。

粘膜に覆われた喉が乾燥で滑らかさを奪われて、身体はその為に
濃度の濃い保護粘液の生産をスピードアップして乾燥と闘います。
このために副鼻腔は塞がり、粘液がしたたり落ちて声帯を刺激し、
腫れ上がってしまいます
。また乾燥して身体は脱水状態となって
初めは乾燥した空気への反応だったものが短時間の間に完全に
風邪になってしまうのです。

それを防ぐために加湿器があるのです。また少し苦しいですが
「濡れマスク」も良い手段といえるでしょう。
これはマスクの中に濡らしたガーゼやティッシュを入れておくものです。

また次のことは苦痛に感じる方も多いかも知れません。
すなわち冬は寒いので身体を動かさなくなり、夏に比べて食事量も増えます。
このため消化に時間が掛かってこれらの原因で「脂肪と粘液」に変身するのです!
だから寒い間は出来るだけ活発に動いて、食事は軽めに摂ることです。
身体は冷えるといよいよ消化にエネルギーを注ぎ込むので、老廃物を
排除する時間を十分に取れる生活ペースを作ることです。
すなわち腹八分目、いや!六分目でも良い位ですね。
私も大丈夫でしょうか・・・汗


関連記事

ウィルスに罹ってしまって
posted by キミコ at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 身体のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする