2009年02月21日

頑張っておられますか?早口言葉!

288019849_239.jpg

時々皆さんが忘れた頃に「早口言葉」について書いています。
この効用について理解が出来ていないとこうして私がたまに書く意味を
理解して頂けないと思いますね。

ストレッチから筋トレをした後に呼吸練習をした後に初心者の方には
早口言葉の時間を設けています。

ずっと書き続けていますが、日本語はあごを使わない言語です。
あごの関節を使わない習慣を持ってしまうと必ずどこかの段階で
行き詰まりがあるからです。
すなわち 発音不明瞭や音高の動きで正確な高さが掴めなくなります。
高音部での「い」や「う」で大変な悩みを抱えてしまうことでしょう。

確実にあごの関節を動かす練習には欠かせないのです。

筋トレといわゆる発声練習とのつなぎにこれを実施するのは
もう一つ大事な理由があります。
発声練習であごの関節の動きが滑らかでないと高音部も低音部も
練習するのに支障を来します。
どちらの音域にもあごの関節の動きが掴めないと練習は不可能です。
その為にあごに意識を持っていくことが出来るのです。

同時にこの練習をする事ではっきり発音しようと吐く息の流れが
活発になることも大事な事です。
初心者の人は筋トレにもあごの動きにも慣れていないので、
息の流れがどうしても細くなります。
注意深く行動しようとすると息の流れが細くなるのは
当たり前のことですものね。

はっきり発音しようとすると思わぬ声が出たりするのです。
早口言葉練習をやるとやらないでは全く進歩の差がすごいのです。


最新の練習方法をお伝えしようと思います。

一つの早口言葉の文章を練習する時に骨盤の前傾後傾を使用します。
@ 一語一語にその動きをつけます。
だから初めは早口言葉などといえるものではありません。
あごの関節と骨盤の動きを関連づけます。
息の量も最大にしてしっかり喉を開けてあごも下ろします。

A @に慣れたところで単語として骨盤の動きをつけます。
つまり一語一語ではないですから、言葉の流れも@よりは速くなります。

B 単語のまとまりを2〜3個にして骨盤と関連づけます。
Aよりも言葉の流れは速くなりますね。

このようにして最終的には1つの文章に骨盤の動きを1度にします。
あごも滑らかに動くようになったのならもっと難易度を上げて
骨盤の動き1度の間に文章を2〜3回ノンブレスで言えるようにします。

いずれもとにかく必死で言わなくてはならない状況ですから
息を吐く量は半端ではありません。
これが良いのですね。

以前にも書いていますが、文章として考えるのではないのです。
「あごのダンス」とでも言えばよいのでしょうか。
つまり5つの母音での振り付けのようなものでしょうか。
この口の動きの次にはこの口の動き・・・と組み立てていくのです。

歌う時にいちいち発音など考えているヒマはありません。
色んな所に意識を飛ばして歌を構築するのですからあごの関節の動きは
とにかく滑らかで完ぺきな振り付けが成されているべきなのです。

歌うためにはいろいろな関門があります。
その中のどれか一つでもいちいち気にせずに居られるならば
他のことにもっと意識を向けることが出来るのです。
言葉のつかない歌も確かにありますが、歌詞はつきまとうのです。
一語一語の発音に気を遣っていて良い歌が歌えるはずはないですよね。

習慣づけることが出来て確実に自分の中に取り込めば、後は割と
気にせずに居られる物なのです。
まだ出来ないのならば一度完ぺきに練習してみませんか?




posted by キミコ at 23:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

たまにでもいいから・・・

259640891_137.jpg

レッスンでは筋トレをしていて、その上に母音練習や子音練習も加えて
歌の実践練習もしたりとかでとにかく練習時間が短く感じられる内容です。

初めの頃こそ子音練習のために早口言葉を練習したりもしますが、
メニューが多くてとても手が回るものではありません。
特に子音練習に入った位の段階では早口言葉が手に負えるような人が居ないのです。
子音の音を覚えて正確にあごをおろし、尚かつ横隔膜も下ろしたままで
身体も保持するのにあっぷあっぷだというのに、そこにハイペース
ハイスピードでの早口言葉はまず無理なのです。
急ぐ余りにまさに舌を噛んでいる状態になるのが関の山でしょう。

それでも実施するのは難しさを体感して頂くためでもあります。
何ヶ月か経過した辺りで思い出したようにやって頂くのですが
それなりに形が整っていっているのが興味深いです。

かなり歌唱経験のある生徒さんも初めの頃にやって頂きましたが
息が上がってしまう始末でした。
でも横隔膜の保持が出来るにしたがって段々それらしくなってきます。

特に早口言葉を勧めるのは理由があるのです。
日本語の持つ言葉のリズム感を感じるには恰好のテキストだからです。

たとえば
すももも桃も もう熟れたから もう売れよう

音の高低強弱もなくだらだらと早いだけでは日本語として聞き取れません。
日本語には大抵子音に母音がついてくる言語ですから
脈絡無く棒読みをしたら言葉の命が失われてしまうのです。

欧米圏の言語のように何重にも子音がついたり語尾が子音だけ
という事がありませんから、リズムが単調になってしまいます。
音符で言えば四分音符がダラダラとどこまでも続いてしまうので、
音の高低とアクセントで区切るしかないのです。

それでもメロディのフレージングと一致すれば申し分のない歌になりますが
そうも行かないのは仕方ありません。
訳詞など特に言語が違うので一致することなど考えない方が良い位です。
(歌詞がもっちゃりして歌っていて恥ずかしくなるような時があります)
でも新しいフレージングが生まれる場合もあるので、案外新鮮な
感じがすることもありますけれど。

何度か試してもらってスピードがついた所で赤く表示された箇所で
声を出しながら手を打って読んでみて下さい。
は「お」行ですから
はっきり意識してあごの関節を下げて読んで下さいね。

ももも もも れたから れよう

どの早口言葉にもその文章それぞれに手を打つ箇所があるのですが
それをはっきり理解出来る出来ないでは、歌唱にどれだけ影響してくることか!

こんな積み重ねが言葉を歯切れ良く聞かせる訓練になるのです。
だから発声練習を何ヶ月かやってみて、たまにチャレンジして頂きたいものです。

posted by キミコ at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

長音 早口言葉

マジェンタクオーツ.jpg

二重母音と長音をミックスしたもの

1 めいめい慶応明治法政で 経営経済学を専攻した経営層

2 妹の芸名は 先生に命名してもらったが 荒々しく感じる場合よりも
生き生きとしたものを想像する場合の方が多い


3 英明(えーめー)な令兄(れーけー)が 酩酊(めーてー)したのか 
冷静さを失い 傾城(けーせー)遊びに精励(せーれー)しているが 
正々堂々としている点がいいといえばいい




べらんめーの方は以下ご注意下さい。

AI(エー) AE(エー) IE(エー)の連母音です。

1 新米はおっかないのか案内しない

2 三杯とは大した家内だ参ったよ

3 蛙のようにお前たちもとって返すか

4 見えた見えたと教えてから消えた
posted by キミコ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長音練習

411070478_225.jpg

同じ母音が重なるもの(重母音)を発音する時は、仮名2文字分だけ
引っ張る音(長音)にしている訳です。

例 母さん かあさん KA.A
兄さん  にいさん NI.I
 数字  すうじ  SU.U

異なる母音が続く時(連母音)の長音化

例 話そう はなそー OU
  政治  せーじ  EI

最近はふりがなに拘らず楽に発音するのが全国的な傾向になって
「エ段+イは長音」というのが共通語になっています。

英国、警察、政府、未定、紙幣、寒冷etc.

でも全てがそうとは限りません。
次の場合などは母音と母音を安易にくっつけて
発音を不明確にしないように注意すべきです。

私のばあい、灘のきいっぽん、仕入れ、クラスいいん、
かげ絵あそび、妹からあねへ、とを見る、うすうす気づくetc.

次は母音を粗末にする例です。

長音に、その長音部と同種の母音が続く時ですが、続く母音の
発音が曖昧になりがちです。

例 放送聞く、慶応受験、ファインプレー拍手、
posted by キミコ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

RYA行 早口言葉

411070478_95.jpg

1 リュック姿の善良な漁師が 「来りゃれ」と言われ 寮を利用
料理もありゃあ コーリャン酒(しゅ)もありゃあで 酔っぱらって遠慮を忘れ
「ありゃりゃこりゃこりゃ」とは こりゃどうだ


2 前略 動力車労働組合の略式総会は 努力と留意が足りず 流会で終了

3 延暦寺(えんりゃくじ)の僧兵は 政略謀略にたけた軍略家

4 下流上流清流激流で 我流の釣りをする女流

5 僧侶の思慮を 伴侶は憂慮苦慮配慮

6 侵略の略の字と 掠奪(りゃくだつ)の掠の字を 略字で書く

7 財力兵力労力の総力の協力が 国力の実力 
posted by キミコ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MYA行 早口言葉

070421_02.jpg

1 猫が拝(おが)みゃがる 犬が拝みゃがる 馬が拝みゃがる

どの「が」も鼻濁音です。気を付けて練習して下さい。

2 ミュンヘンのミュージックホールで ミューズの楽(がく)の音(ね)を聞く思いをした

「楽」の「が」は普通の濁音ですね。

3 美々代(みみよ)が 髪結い(かみゆい)の身寄りの
ミュージシャン大豆生田君(おーまみゅーだくん)と 夫婦(みょーと)になりたくて
明神様(みょーじんさま)に明朝(みょーちょー)までお百度参り(おひゃくどまいり)とは 男冥利(おとこみょーり)


4 明日(みょーにち)明後日(みょーごにち)明々後日(みょーみょーごにち) 宮城から コミュニケと土産(みやげ)が来るのが奇妙
どの「が」行も鼻濁音となります
posted by キミコ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HYA、BYA、PYA行 早口言葉

070421_05.jpg

H行の発音の悪い人には相当の難関になるでしょうが、
一つ頑張ってチャレンジして下さい。

1 氷点下の氷山(ひょーざん)で 流氷の中を漂流中と公表された

2 ひょっとこが 表皮を日向(ひゅーが)の秘薬で
百パーセント漂白し ひょう変するという風評


3 合評会(がっぴょーかい)では 選評(せんぴょー)があり
悪評好評寸評(すんぴょー)短評(たんぴょー)と色々発表された


4 美容院と病院 病院と美容院

5 意表をつかれた五百の白票(はくひょー)に
兵庫県の評議員は辞表を出した


6 仮病(けびょー)が胃病 持病は眼病 余病(よびょー)に肺病

posted by キミコ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

NYA行について 早口言葉

79242358_198.jpg

舌の前の部分を上あごの手前の部分につけて閉鎖を作った鼻音に、
半母音「j」(や、ゆ、よの子音)と母音の3音が結合して
一緒に発音されるものです。
つまり舌の位置は「に」音と同じなのです。

「な、ぬ、ね、の」と発音した後、その舌を奥に引いて中近くの前舌を
奥歯茎(硬口蓋)に接触させて閉鎖を作り、「に」の音を発するのです。

ゆっくりと舌の位置を確認するようにして「にゃ、に、にゅ、にぇ、にょ」と
読んでみると、この調音点がよくわかります。


早口言葉

1 ウナギ にょろり ドジョ にょろり

2 女人禁制(にょにんきんぜー)の地と女護ヶ島(にょごがしま)では
コミュニティーのニュアンスが違う


3 ニューファッションショーのニューフェイスに 
ふにゃふにゃのにやけた者が にやにやする


4 くにゃくにゃっと曲げるしんにょうは しんにゅうともいう

5 乳牛輸入社入社を 勧誘せにゃならん



posted by キミコ at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

TYA行 早口言葉

P1010282.JPG

「ちゃ」行も「しゃ」行も半母音を経過しない拗音です。
破擦音ですから圧力の高い息で読む事と、口全体を出来るだけ
活発に動かすことを忘れないようにして下さいね。

早口言葉

1 チェスは 知恵の輪のように知恵のチェンジがいる
というチェコ人に「ちぇっ」と舌打ちした酋長(しゅーちょー)


2 蝶ネクタイの調子のいいあんちゃんが しょっちゅう
やんちゃ娘といちゃいちゃ


3 チャキチャキの江戸っ子が おもちゃのチャルメラに夢中とは
チャンチャラおかしい


4 長老はちょくちょく超特急に乗るが 超満員

5 お茶目な茶つみ娘も 着々とチャーミングになり 
茶室で茶々を入れずに茶をいれる


6 中立国の仲裁中止で 中東駐在の中将(ちゅーじょー)は
宙ぶらりん


7 町長と長女の貯蓄は ちょぼちょぼだった


posted by キミコ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SYA行、JA行の早口言葉

P1010275.JPG

特筆するほどの注意点はないので、すぐに早口言葉をどうぞ。

1 祇園精舎(しょーじゃ)の鐘の声 諸行無常(しょぎょーむじょー)の
響きあり 沙羅双樹(しゃらそーじゅ)花の色 盛者必衰
(じょーしゃひっすい)の理(ことわり)を表す


2 繻子(しゅす)緋繻子(ひじゅす) 繻子 繻珍(しゅちん)

3 十種(じっしゅ)競技優秀賞受賞者は 電車操車所(そーさじょ)
出身の車掌で 俊足(しゅんそく)選手


4 再出馬(さいしゅつば)の出馬か 不出馬か

5 味噌醸造業(みそじょーぞーぎょー) 3度繰り返して
posted by キミコ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KYA行、GYA行についてと 早口言葉

P1010321.JPG

拗音(よーおん)とはきゃ、きゅ、きょとにゃ、にゅ、にょ
及び りゃ、りゅ、りょなど、全て子音と母音の間にや、ゆ、よの
子音に当たる半母音「j」という発音記号が含まれています。
きゃ、きゅ、きょの場合は、「き」の子音である口蓋化した「K」の位置から「j」を経て母音「a,u,o」に移動する音
つまり子音、半母音、母音の3音が同時に発音されるのです。
ぎゃ行も同様の扱いとなります。


早口言葉

1 貴様(きさま)の脚絆(きゃはん)も皮脚絆(かわきゃはん)
われらの脚絆も皮脚絆


2 隣の客はよく柿食う客 むこうの客もよく柿食う客
うちの客もよく柿食う客


3 第五交響曲に 観客驚愕(きょーがく)
数字の「ご」は濁音となります。
驚愕の「が」は鼻濁音となりますので注意して。


4 東京特許許可局の許可書

5 農商務省特許局 日本銀行国庫
「銀行」は「日本」との複合語になるので濁音です。

6 プロ野球協会の巨人と阪急は キャンプと本拠地(ほんきょち)に分かれて
今日も競争


7 乳牛からは牛乳を取り 肉牛からは牛肉を取る
「乳牛」と「肉牛」鼻濁音ですね。

8 家業は 漁業と牛乳業の兼業だったが 御意(ぎょい)により廃業
早暁(そーぎょー)から寒行(かんぎょー)や行脚(あんぎゃ)や
勤行(ごんぎょー)と 難行苦行(なんぎょーくぎょー)

「牛乳業」の「業」は言葉の途中なので鼻濁音となります。

9 ギャングは フィギュアーをギャンブルにしようというが
だいぶギャップがある
外来語は全て濁音となります。

posted by キミコ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

促音の早口言葉

しっかりと息の圧力を高めて読んで下さいね。

1 北海道の実家の勧めで この学校に越境入学したと うっかり日記に書き
目下学校では 厄介者扱い


2 びっくりするラッキーは別として 卓球は速球 サッカーはキックで
あっけなく結果が出るところは そっくりだ


3 下町では「おとっつぁん おかっつぁんがかっつぁらわれないように
おぶっつぁるよ」というなまりがあるが 相撲社会でも「こいつぁどうもごっつぁんです」


4 のっぽだが のっぺらぼーでなく もっぱらヒップアップしているので
美女発表では 十票差であっぱれトップとなり 七宝焼のカップをもらった


5 赤血球に白血球が 殺菌された白金の作用でゆっくり六角形となる
という説は どうもひっかかったような すっきりしない話だ


6 バッテリーをスイッチしてからヒットを与えず ばったばったと斬ってとり 
おしまいはキャッチャーがミットでタッチして勝利は決定
たったの一点を守って勝った
posted by キミコ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

促音について

137914940_148.jpg

日本語最大の特色を持つ促音(そくおん)の話をします。
つまり小さい「つ」ですね。つまる音の事です。
ということは出ようとする息を舌や唇を使って急停止させる、
また堪えた息を強い圧力で吐き出して声にするのですから、
今まで私が言っていた一番してはならないことをしなければ
発音出来ないという圧迫型の発音法なのです。

実際歌う場合に厄介なのですよ。余程詰めないとつまったように
聞こえてこないのです。
これがスムーズに違和感なくできれば、日本語として美しく聞こえるのですが・・・

大抵間延びさせてしまって何を言ってるのかわからない人が大半です。
「しまって」なら「しまーて」、「一周」なら「いしゅう」で
忽ち臭く聞こえてしまったり。
かといって「つ」の前の音を圧迫をかけすぎて堅い声にしてしまったり。
実に厄介なものです。

促音は大きく4種類に分類されます。
いずれも次に来る子音の口構えをして、その状態で一拍分だけ息をこらえる音です。

(A) か行     まっかっかのヤッケ

(B) さ行、しゃ行 達者で日参 

(C) た行、ちゃ行 やっと持ってった

(D) ぱ行 立派なヒップ

この4種から外れた外来語として

ハンドバッ、バファロー、ビュッフェ
ハリウッ、バッ
等が挙げられるでしょう。
これからもこういった例外音は増えてくるでしょうね。

また(B)の場合だけ、息の流れをこらえてはいますが、停止せずに
次の母音に繋がりますね。
posted by キミコ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

Nの早口言葉

(A)

新品の金歯が痛んで せんべいも食べられず 悶々として安眠出来ない

洗面後 あんパンと残飯を食べながら 新聞を読んでる 山門の門番

(B)

女の中の女 こんな弁天様かモンローのような文壇のインテリから
縁談があったのに 担任は転任


全店を上げて宣伝したのに 産地の天然茶の売れ行きが
前年より進展無しとは 残念だ


(C)

年金でも返金出来ない貧困から転換し 印鑑一つで現金を
動かすほどになり 晩婚とはいえ 念願かなっての新婚


(D)

信用の範囲を超えて お金と翻訳の本を貸したのが
恋愛の原因の真相です

親友とはいえ 金策に困っている店員では安心出来ず
やんわり断ったが わんわん泣かれた

posted by キミコ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nです

070407_07.jpg
再び間が空いてしまって申し訳ありません。
今日は「N」についてなのですが、参考にと本を読むと
なかなか扱いが難しい事がよくわかりました。

日本語の「ん」は固有の音で歌の中に於いては
鼻で響かせるのがとても難しいのです。
このブログはナレーションや朗読をする人も意識して
書いていますので、せっかく読んだ物を無駄にしたくないので
ちょっと詳しく書きますね。

(A) もんめ、 金歯、電報

(B) 反対、並んだ、旦那、 官吏

(C) 天下、 千五十、 りんご

どれもそれぞれ「ん」のつくものばかりですね。
これらは主に3種類に分類されます。

「ん」は撥音(はつおん)つまり撥ねる音といい、
もちろん声が鼻を通って起こす鼻音ですが、
発音する時に後ろの音を意識して形を作ります。

(A)ですが、唇を使う子音のM、B、D行の前では、
子音Mに近い発音
となります。
この時の「ん」は唇を閉じ舌は自然のままにして発します。

(B)歯茎に舌先が当たる子音T、D、N、R行の前では
普通のN
の音になります。Rだけは舌先が若干奥へ移動します。

(C)は軟口蓋と後舌面を使う子音K、G行の前では
鼻にかかる音
になります。つまり英語の「ing」のGの扱いです。

私を含め、関西人には「ん」を「うん」と発音する傾向がありますね。
子音を無声化出来ないのと同じ位苦手な人が多いです。

歌う時には唇は閉じても奥歯はやや開けておかないと
全く響かなくなるのです。
鼻から抜ける暖かい息をしっかり意識して眉間に
響きを持ってきます。

また「ん」のあとに「い」が来ると誰でも発音が困難でしょう。

「三位」「懇意」(こんい)「知恩院」など、
舌にやや力を入れて鼻に響きを残す感じにして発音すると
明確になります。

上に書いた3種以外の物も書いておきます。

(D) 撥音の後に母音が来る時、
 それと半母音のY、Wや、
子音Sが続く
時、
あるいは単独で撥音「ん」を言う時は
舌を自然の位置にしてやや鼻にかかった「ん」となります。

また「三位」を「さんい」でなく「さんみ」。
「観音様」を「かんおんさま」とは言わず「かんのんさま」と言います。
これを「連声」(れんじょう)といいます。
前の音韻M、N、Tとそれに続く音韻「あ」「わ」「や」行音が
合体して別個の音「ま、な、た」に変化することをいいます。

仁和寺(にんなじ) 万葉(まんにょう)雪隠(せっちん)など



posted by キミコ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

Wの早口言葉

1 濡れわらに 生ま(なま)わら

2 回る回るぐるぐる回る 回る回る目が回る

3 割引セールで 英和を買わねばと 泡を食う

4 やわらを祝いとしたが 幸い笑われず 変わったお祝いだわいと 周りの噂

5 あたし わたし あたくし わたくし

6 若々しさを忘れるとは わびしい

7 輪がえが終わった輪で 輪回しをする
 
posted by キミコ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W行です

ILUX.jpg

といっても実際は「わ」だけなのですが・・・
ワ行の他の音は「ヰ」(井戸のヰ)も「ヱ」(絵のヱ)も
既に過去のものとなって字も発音も忘れられてしまいましたね。
「を」だけは助詞として残っていますが発音は「お」ですし。

発音は上下の唇を小さくつぼめた有声の両唇摩擦音です。
唇を十分につぼめて曖昧さをなくして下さい。
そこから一気に唇を大きく開いて(下あごを下げて)
「わ」が発音できるわけです。
つまり「う」と「あ」を同時に言う感覚ですね。
posted by キミコ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

R行の早口言葉

とにかく大げさに口を開けてしっかり息を吐いて大きな声で練習します。
早口にするよりはっきり口が開いているかどうかが何より重要です。
日本語として表記はされていますが決して文の意味を考えないで
まずはゆっくり口の形を確認します。


1 うちのつるべは つぶれぬつるべ 隣のつるべはつぶれたつるべ
つぶれぬつるべとつぶれたつるべ


2 降る霧(きり)は照る霧 照る霧は降る霧

3 ルーレットでもうけられず ぼろぼろになり 団十郎らに借りられるだけ借り からかわれる

4 身体の悪い老齢(ろーれい)のオレだが 廊下から道路へ 冷蔵庫を引っ張り出す荒い労働をさせられた

5 支払われるものと見られているが それは認められなければならない

6 隣も その隣家(りんか)も 割に利益率の良いリリヤンを取り扱い かなり林立(りんりつ)で無理

7 もろもろの理論を ろくろく知ろうともしないうすのろ

8 朗々(ろうろう)たる朗詠(ろうえい)のいろいろを 廊下で録音
posted by キミコ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R行です

162797942_159.jpg

R音は弾音(だんおん)と言われる有声子音です。
尖らせた舌の先端が上あごを一回弾くのでこう言われます。
弾く場所は歯茎から硬口蓋の辺りですが、歯茎に近い方から
「る、れ、ら、ろ、り」の順に奥に移動します。
一番奥になる「り」は次の「i」に引かれて
舌の上面の前の部分が上あごの方に持ち上がります。

とにかく「R行」の成功は弾く早さにあると言えるでしょう。
舌の動きが悪いとべたっと上あごにくっつきがちになりますから
「ら、ら、ら、ら、ら」「れ、れ、れ、れ、れ」と
尖らせた舌先で早く弾く練習をして下さいね。

弾く位置がR行全体が奥過ぎると鈍く聞こえます。
また奥に向かって巻いたり、二回以上上あごに弾くと
べらんめーになってしまいます。

生徒さんたちもこれは大変苦労する子音です。
何といってもR行がD行に聞こえてしまうので交互に発音する
練習を丁寧にしなければなりません。
「ら、だ、ら、だ」とか「れ、で、れ、で」、「ろ、ど、ろ、ど」
などです。

posted by キミコ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

Y行の早口言葉

1 お皿のおよもぎ餅(もち) およばれたい

2 屋敷の焼け跡に しあわせなやもりがいた

3 湯屋(ゆや)でゆだったという 湯屋番の親友の夕べの夢

4 世が世ならば 四方山話(よもやまばなし)に酔う
余裕ある夜々(よよ)なのに 夜な夜な夜露(よつゆ)に濡れ
よよと泣くのは よくよくのこと


5 悠々(ゆうゆう)としているようだが もはや猶予(ゆーよ)はならぬ ゆくゆくは ゆゆしきものとなる故(ゆえ)
ゆめゆめ油断めさるな


6 山々を越え やあやあやれやれ やっと今夜の宿屋
posted by キミコ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 早口言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする